SBクリエイティブ

2140 ~ピーター・ピンセントの闘い~

ジェマ・マリー:著者 / 橋本 恵:訳

西暦2140年、長命薬の発明により、子どもを作ることが禁止された。

その世界に違法に産み落とされた子どもたち……。

長命薬の発売元、ピンセント製薬にもぐりこんだピーターがひそかにつかんだ衝撃の事実とは!?
話題作 『2140 ~サープラス・アンナの日記~』 待望の続編です!

●読者の感想

・「まさか!!」というてんかいにびっくりしながら、あっ!!という間に読んでしまいました。はやく続編を読みたいです!(12才 女)

・すごく興味深くて、すぐよみきってしまいました。おもしろかったです。(11才 女)

・アンナの自分を責める心と前向きな心の両方が表現されていて、とてもよかったです。愛の大切さを思い出すことができました。(13才 女)

・ドキドキハラハラしたり、泣いたり、考えさせられたり、すごく内容の濃い一冊でした。(20才 女)

・自由を求めながらも畏れるアンナの姿が印象的でした。アンナから戦う勇気をもらいました。(25才 男)

■著者略歴

Gemma Malley(ジェマ・マリー)

リーディング大学で哲学を専攻後、ジャーナリストとして活躍。ビジネス誌の編集を手がけ、『サンデーテレグラフ』紙などに寄稿する。現在は家族とともに南ロンドンで暮らし、本書の続編を執筆中。

■訳者略歴

橋本 恵(はしもと めぐみ)

翻訳家。東京生まれ。東京大学教養学部卒。『ダレン・シャン』『デモナータ』シリーズ(小学館)、『チャイニーズ・シンデレラ』(文藝春秋)、『錬金術師ニコラ・フラメル』シリーズ(理論社)など訳書多数。

定価:1,980円(本体1,800円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2009年4月8日(水)
  • ISBN:978-4-7973-5154-5
  • サイズ:A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
  • ページ数:416
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・ジェマ・マリー

訳・橋本 恵

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る