発売日 2009年03月17日(火)

知的思考力の本質

著者名:鈴木光司、竹内薫(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5253-5
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鈴木光司、竹内薫

Twitter

Unable to load Tweets

  • 知的であるために

    4.0
    Kindleのお客様

    二人とも有名な著者だが、読んだことがなかった。鈴木氏自体は『リング』とかのホラー小説の著者だが、ホラーは好きじゃないから読んだことがなかった。でも去年の12月に出版された新作『エッジ』は面白そうなので、買った(まだ読んでいないけど)。竹内氏も1冊持っているけど、こちらも未読。そもそもこの本の題名にひかれた。自分も知的でありたいと願っているが、どのような思考力が知的であるのか興味がある。ただ、対談という形式のためか、それほど明確に、あるいは論理的に知的思考力の本質に迫っているようには思えないのが残念。むしろ、日本社会や日本の教育で物理学や哲学の教育がないがしろにされていて、日本人は物事の根本原理を突き詰めて考えないという批判が主。基本原理の存在を前提にしつつ、しかもそれが絶対ではないと理解すること、これこそが知的思考力の本質なのか。そのとおりのような気もするが、なんか物足りないな。うーん、誤読しているのかな?自分の教養不足かしら。

  • fwtetsu

すべての2レビューを表示

  • はすのこ

    殆どが単なる雑談。知的ショック=勉強の本質の部分が面白い。 続きを読む

  • May

    全編に渡り随分と断定的な言い方をしているが、常に疑問をもちながらみるのが知的思考なのではないか。二項対立に単純化したものの見方も多いが、自身が分析的な思考から総合的な思考へのシフトに言及しているとおり、二項対立による単純化は、およそ総合的な思考ではないと思うのだけれど。脳死についても、人間の死の問題と、多くの人達の関心の中心である脳死での移植の問題とは、文脈が違うのではないだろうか。脳死にしても、脳幹死なのか全脳死なのかの問題もある。なんか、疑問ばかり書いちゃいましたが、科学的な見方が大事というのは賛成。 続きを読む

  • yahiro

    テーマは興味深かったが、内容が薄くてちょっと物足りない感じ。知的ショックが与える影響は大きいと思うけど、取り立てて言うほどのことでもない気がする。 続きを読む

すべてのレビューを読む