発売日 2009年04月16日(木)

文才がなくても書ける小説講座

著者名:鈴木 信一(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5388-4
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鈴木 信一

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • TSUKASA

    読んでから思わず、自分も小説を書こうと素直に思える素晴らしいHow to本。書き出した文章の不足を埋めることで、ストーリー展開を進める書き方は非常に分かりやすく、説得力がある。実際に無意識の間に、この手法を使っている作家さんも多いのではないだろうか。私の好きな小説家の一人である有川浩さんもキャラクターが自分の予想しない方向に自ら、動き始めると言った内容を文庫の図書館戦争のあとがきで書かれていた気がする。自分の頭の中にない新しい発想を生みだすキッカケを不足を埋める中で見付ける手法は小説以外でも役に立つのでは 続きを読む

  • KUAD

    この手の本はほとんど読んでいて、この本も立ち読みはして知ってたけど、勘違いしてました。よくあるマニュアル本かもと思ってましたが、全然違う。なるほどなあ、その手があったかと感心しきり。研究者や実作者には気づかない盲点から責められた気分。情報の不足を補い、その補足がさらなる情報の不足を呼ぶこと。書かれた一行が次の一行の呼び水になるというのは卓見でした。 続きを読む

  • わがちゃん

     以前より、書きたかったという思いを促進させてくれました。前回読んだときには、実際には「50枚の小説」は書いていなかったので、再読して、先ずは『書くこととは、情報の不足を埋めること』を信じて、テーマ、人称、視点、プロット、ストーリーなど無視して、書いてみました。その後もちろん、推敲はしましたが・・・・・・。愚作ですが、先ずは<了>を書いたときには感動しました。次は作品は-- 続きを読む

すべてのレビューを読む