発売日 2009年08月20日(木)

4Gbpsを超えるWebサービス構築術

著者名:伊勢 幸一、池邉 智洋、栗原 由樹、(著者) 山下 拓也、谷口 公一、井原 郁央(著者)

¥2,580(税別)

ISBN:
978-4-7973-5436-2
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・伊勢 幸一、池邉 智洋、栗原 由樹、

著者・山下 拓也、谷口 公一、井原 郁央

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 浅い

    2.0
    よし

    弾さんの書評を見て予約購入したのですが、期待を裏切られました。広く浅くな内容でした。これを読んでも1Gbpsさばけないと思います。[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ‾スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)の方が内容が濃かったように思います。どっちも既にマーケットプレイスで売ってしまいましたが。

  • 3.0
    Amazon Customer

    「4Gbpsを超える〜」というタイトルからネットワーク系の話を想像しますが、本書ではネットワーク関連の記述は後半に30ページほど教科書的な記述があるのみです。プロバイダ事業を行っているlivedoor社の技術者が書いたにしてはかなり内容が浅い。タイトルを無視して「高負荷サイトの運用」に関するノウハウ本としてみた場合も、紹介された各種ツール(GeamanやTheShwartz、memcached、mod_proxy)の説明はマニュアルレベルの内容に留まっているため、livedoorが使用しているツール群については把握できますが、サービス運用に際してのノウハウについては得られません。とはいえ悪い本では無いと思います。この本に紹介されたツールの名前でググると本書より有益な情報が沢山得られると思うので、ポインタとして活用するのが適切でしょう。

  • レビュー対象商品: 4Gbpsを超えるWebサービス構築術 (単行本)

    Kana

    ライブドアの技術力を結集した一冊ということのようだ.Google などが独自のインターネット・サービス技術をほこっているいま,ホリエモンですっかりイメージ・ダウンしてしまったライブドアがもう一度,スゴイ技術をみせようということか? 残念ながら Google にはくらべるべくもないが,いろいろ,おしえられることはある.ただ,「Web サービス構築術」といわれると XML Web サービスを想像してしまうが,XML の話はなくて,データベースやキャッシュの話が中心だ.タイトルには「4 Gbps を超える」とあるが,ネットワークの部分はよわい.

すべての5レビューを表示

  • iwazer

    非常に実践的でした。インフラが苦手な開発者も読むべき。 続きを読む

  • Tom

    ちょっと古い本なので(4年ほど前)、現状はまた変わっているんだろうけど、いわゆる大手Webサービスのアーキテクチャを知ることができた。ただ、キャッシングとか検索とか分散とか、それほど目新しいものは無かった気がする。掲載されているコードも基本的なもので、印象深いものはあまりなし。「大体こんな感じ」という事例の把握にはちょうど良いレベル。もうちょっとコアな内容でも良かったかと。 続きを読む

  • kwy8791

    出た直後から気になっていたものの、結局3年も放ったらかしてしまった一冊。転職前に読んどけばなぁ。今となっては少々古くなってしまった部分もあるが、web屋さんが一般的に使っている技術について、浅く広くまとめてある一冊 続きを読む

すべてのレビューを読む