発売日 2009年04月27日(月)

C++テンプレートテクニック

著者名:επιστημη/高橋 晶(著者)

¥2,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-5453-9
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・επιστημη/高橋 晶

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • テンプレートの良い入門書です

    5.0
    うる

    市販の大半のC++本が、テンプレートについては、STLの使い方程度しか解説していません。STLやBoostのソースを読んで、あまりの難解さに投げ出した人も多いのではないでしょうか?そのためかソフトウェア開発の現場でも、テンプレートを禁止にしていたり、限定的な使用に留めている例が多いように見受けられます。この本は、Boost等で使用されているテクニックを非常にわかりやすく解説してくれています。ページ数も手頃で、文体も読みやすいので、テンプレートに興味のある方は、是非ご一読をお勧めします。その後、「C++テンプレート完全ガイド」や「Modern C++ Design」に進むと良いと思います。

  • 5.0
    Amazonのお客様

    テンプレートに関しての実践的な説明がほどんど。この本を読んでいればBoost MPLが理解できるレベル。ただ、この本の本当の価値が理解できるにはC++がかなり理解できていないとわからないと思う。

  • C+0X(2000年移行の)テンプレートの学習

    3.0
    C++Bickridar

    自分で勝手にC++98と表現していますが、この本はそのC++98以降のC++技術を説明しています。C++98以前のARM+テンプレート規格(これも自称)の開発経験だけでは別の言語と思えるかもしれません。C++98と書きましたが、最近はC++11/14なので、さらに別物のことでしょう。1998年あたりからJavaが開発言語で使われるようになったので、昔ながらのC++経験ではとっつきにくいかもしれません。C++98がBoostといえるのであれば、そう考えても良いと思います。タイトルの「簡潔で再利用しやすいコードのためのC++活用術」の表現に少しうそを感じます。

すべての4レビューを表示

  • はるにゃん

    難しかった…とりあえず、読んだって感じ、身になってないw 続きを読む

  • P_tan

    ざっくり読了。完全には理解できてないためまだ使いこなせないなぁ。Boostのソースコードを読むための参考にはなりそう。 続きを読む

  • Horiuchi_H

    テンプレートの深淵をちょっと覗けた気がした。それと、曖昧だった知識がちゃんと整理できたのでとても良かった。C++のtemplateをちゃんと使ってみたい人にいいですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む