発売日 2009年07月31日(金)

マスターピース ロールアウト ダブルゼータ・ガンダム

著者名:GA graphic編集部(編集)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-5574-1
サイズ:
258377B7-92C5-41CE-BF34-290A562A6E0F
ページ数:
128
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

編集・GA graphic編集部

●GA Graphic: Web情報サイトからスタートしたホビーコンテンツ制作集団。 現在は書籍編集を主に行う。 企画ごとに3DCG、イラスト、模型、テキストなど広い分野にわたる人材の持つ力を結集し、 エンターテインメントコンテンツを創り上げる。 ●代表作:マスターファイルシリーズ/マスターアーカイブモビルスーツシリーズ(ガンダム)/ヴァリアブルファイター・マスターファイルシリーズ(マクロス)など。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 作品の完成度は高い

    4.0
    植松 寛

    作品の完成度はすばらしい!しかしタイトルのZZといってるわりにはZZの登場MSの作例が少ない。

  • 5.0
    MR.S

    どこまで、作り込むことができるのか?モビルスーツを模型で表現する際のある種の回答といえるかもしれません。月刊で発売されるホビー誌の作例とは、かけられる時間もコストも違うであろうし、そのこだわりが、見ていて伝わる作品が載っていると思います。当然、ホビー誌の中には平均を超えたすごい作品が掲載されることもありますし、この本のなかにも、そのこだわりが伝わらない作品もありますが。しかし、表紙にもなっているZZは一見の価値ありだということは言えます。架空の存在であるMSだからこそ、リアルな嘘を折り混ぜて作らないとおもちゃになってしまう。だからこうやって見せる、という方法論の提示としては見事の一言。ガンプラを素組するだけで満足の人が見ても、しょうがない本かもしれません。プラモデルを改造して作る人、グラフィックや、3DCG等で作る人にはよい参考書になるように思えます。しかし、お台場の18mガンダムのリアルとはそのベクトルを異にしています。例えばお台場ガンダムにはこの本で否定しているバンダイエッジがある。お台場ガンダム、以前以後で変わるであろう「模型表現」の変わる前のある種の到達点の一つといえるかもしれません。マスターピースZZとあわせてみると、模型の見せ方という部分でも参考になる部分があると思います。どうせなら、撮影やCG処理の仕方までこの本で解説してくれればよかったと思います。

  • 記号の集合(はったり)=リアル?

    3.0
    現物手に取らないと 判らん太郎

    模型の作例記事としては 写真を見るだけならば 工作力や表現力は素晴らしいと思います。が…大気圏内において 高度変化に伴う気圧変化にあわせて 最適なガスの噴射を行う可変ノズルである「リニアスパイク ノズル」を大気圏外での運用も想定した機体表面に 複数並べて 埋め込んでしまう狭い艦内で 空間を有効に使うための「跳ね上げ式 肩アーマー」を謳いながら 畳む際の 肩アーマーの動きは 余計な空間を必要とする考慮はないなど、適当に言葉や表現を並べて リアルを謳えば謳う程、作りこんだ模型の表面(設定)の矛盾がブーメランのように帰ってきているような…このシリーズの新作がでるならば  記号には単語の意味を考えて採用する事 と 作例の自家自讃的な文章の書き出しはやめて置いたほうが 読みやすい愉しい本になるのではないでしょうか。

すべての3レビューを表示

  • 杉浦印字

    表紙の小松原版ZZとやっぱり小松原版のデルタはもう一線を画してる感じだなー。新鮮かつほれぼれする造形美。 続きを読む

すべてのレビューを読む