発売日 2009年12月16日(水)

売れるデザインの発想法

著者名:木全 賢(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5697-7
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
216
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・木全 賢

Twitter

Unable to load Tweets

  • とにかく初心者向け -オーソドックス-

    5.0
    いせむし

    あとがきによれば、本書の対象は中小企業の商品開発担当者を想定して書かれている。確かにデザインのあり方から始まり、企画から始まるデザインのプロセスや構造など総論的にまとめられ、後半CIについても触れていて、デザインの初心者向けである。したがって一気に読了できるし、これからデザインに携わる人たちにとっては、デザインの世界への敷居を下げてくれる効果があると思う。デザインとはそもそも狙いがあって、それは企画の段階ではっきりさせようよ、という実践的な基本を語っていて、アイデアを殺すな等、あたりまえだが一度は誰かが伝えないければならないことを書いている。変な癖も感じない。オーソドックスなビジネスを語っている。この辺が本書の心髄ではないか。一方、日常的にデザインに触れている人にとっては、復習的な内容だ。あて読まなくてもよいかもしれない。最後の章は、マインドマップを活用した企画の実例が展開されている。ぱらぱらと眺めるだけで、参考になるかも。

  • まーい

    「デザイン」という言葉が例えば「エステ」という言葉同様、なんとなく、ためになるものと認知はされつつもなかなか、必須のものとは理解されない「軽い」響きを持っているように思えます。この本を読めば「デザイン」が企業を成長させるには必須のものと理解できると思います。ただやはり、この本の趣旨は企業戦略のための「デザイン」というより「デザイン」を利用した企業戦略、、、のように思えます。デザイナーの方の気持ちとは裏腹に「デザイン」という言葉はなかなか一般には、重い言葉と認知されてないなあと改めて感じます。企業デザインの基礎をきちんと押さえている内容に思えるだけにもったいない、と思うのですが、、、。題名で損をしているのかもしれません。

すべての2レビューを表示

  • おらひらお

    2009年初版。後半のデザインの理論的な考え方を示した本です。ぜんはんは結構勉強になりました。僕の分野でも活用できそうな視点もありました。 続きを読む

  • このは

    中小企業、特に工業系の企業とデザインの関わりについての本。2/3がデザインって大事だよーという話だった印象。発想法、とうたっている割にアイディアの出し方がマインドマップに丸投げされたような感覚を覚えたので少し残念。 続きを読む

  • decoct

    コアになる部分を感じられなかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む