発売日 2010年02月16日(火)

セカイ系とは何か
ポスト・エヴァのオタク史

著者名:前島 賢(著者)

¥760(税別)

ISBN:
978-4-7973-5716-5
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・前島 賢

Twitter

Unable to load Tweets

  • よく纏まった論評

    4.0
    T・トウゴウ

     「エヴァ」から「ハルヒ」あたりまでのサブカルの流れをセカイ系の観点から纏めた好著。「ほしのこえ」や「最終兵器彼女」の生まれた背景から様々な作品の解説のみならず、東氏や宇野氏によるサブカル議論を交えながら話が展開していくので、セカイ系をめぐる評論について判りやすい鳥瞰図を示してくれる。そのためテキストとしては秀逸だが、もう少しつっこんだ筆者なりの分析の視角も欲しかった。敢えて苦言を呈するなら、東氏や宇野氏に遠慮せず、両者への批判的な議論があればもっと刺激的であったと思う。今後のサブカルの潮流がどうなっていくのか、若い筆者に期待したい。

  • 5.0
    フチコマ

    本書のタイトルは曖昧です。本書の目的はセカイ系の「本質」を、つまりマンガやアニメ、小説の中に「こういう要素が入っていたら、セカイ系なんですよ」というようなことを明らかにすることではありません。いや、確かに「セカイ系」という言葉が指し示す内容を明らかにしようとはしていますが、作品に見る「セカイ系」的な普遍的な要素を抽出してくる作業を行っているわけでは無いということでしょうか。少しだけ内容を引っ張って来て紹介すると、初めて「セカイ系」という言葉が使われた時点からいかにセカイ系という言葉の意味が揺れながら使用されて来ているか、ということを本書は明らかにしています。セカイ系という言葉で括られた時点、セカイ系概念を自覚的に作品が作られた/るようになった時点、宇野氏などの思想界隈で取り上げられるようになった時点、といったように、その時々に使われ変容する「セカイ系」という言葉を綺麗に整理しています。個人的には東氏の「美少女ゲームの臨界点」あたりのもりあがったけれどなんだかもやもやしていた「空気」を、ここに来てようやっときっちりと綺麗にまとめられたなぁという気がしてすっきりしました。物足りないのは、本書の性格からいって不可避でいたしかた無いのですが、実際の作品分析がない/できないということでしょうか。あくまでセカイ系という言葉の変遷を追うのが主題であって、既存の作品をセカイ系として解釈しなおしたりするものではないので…。また、どうしても、それ以前にもセカイ系と名指されなくてもそう呼ばれて良い作品があったんじゃないの、と言いたくなりますがこれも自重した方が良いのでしょう(だから物足りないのか)。

  • 「ここまでお読みいただきありがとうございました」ってどひゃー

    4.0
    もんじろ

すべての12レビューを表示

  • SOHSA

    《購入本》自己問題に世界の問題が接着している世界観の中で展開する物語、或いはオタク文学というある種の閉じられた分野が拡散して一般化する空間の拡がりを指しているのか。いずれにせよ自己言及と世界認識の関係性を読み解く上でセカイ系は興味深いキイワードとなっている。また、エヴァという作品自体よりもエヴァ以降の変化を論じることで、おそらくは著者の思惑とは別にゼロ年代の一面を読み手にわかりやすく提示する結果となっている。セカイ系は既に終焉を迎えたと述べられてはいるが、その核は形を変えて今そこここに潜んでいる。(→) 続きを読む

  • mm

    なんかよーわからんかったセカイ系なる単語。ここ15年くらいで、使われるシーンによって色んな意味付けをされてたみたいで多義的。エヴァの物語部分の発展系、萌え要素込み、巨大ロボット・美少女戦士等々のファクターを含むが、自意識や恋愛がテーマ。筆者が碇シンジがエヴァに乗り込んだのと同じ14歳の時、阪神大震災・地下鉄サリン事件が起き、まるで終末戦争かという報道の一方、日常生活は普通に続いていたという体験と「最終兵器彼女」の世界観はうまくリンクしたという記述に納得。身近な日常と世界は繋がってないんだorz 続きを読む

  • サイバーパンツ

    セカイ系はまず「エヴァっぽい自意識の物語」として生まれる。しかし、2004年以降、セカイ系の中核を担っていたエヴァっぽさは抜け落ち、「社会のない舞台で、きみとぼくの恋愛が世界の運命に直結する物語」という新たな姿へと変化していく。そして、現在のオタク文化は、セカイ系から日常系へ、物語からコミュニケーションへと変化してきている。このような時代において、セカイ系はどうなっていくのか?著者はこのことについて、新たに生まれる自意識の問いかけを内包した作品が今後ムーブメントになると予測している。 続きを読む

すべてのレビューを読む