発売日 2009年11月17日(火)

Twitter革命

著者名:神田 敏晶(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5739-4
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・神田 敏晶

Twitter

  • これからTwitterを始める方に最適の一冊

    4.0
    TAKU

    遅ればせながら始めたTwitterだけど、最初は何が楽しいのかがさっぱり分からなかったので、Twitterってこんなのだよ的なのが欲しくて手に取った本で、2009年に出版された、数あるTwitter本のひとつ。新書なので技術よりの本より入りやすいし、ビジネスよりではないので、眉唾腹グロな感じもなくサラっと読めました。ネットの動きに敏感な筆者がTwitterが持つパワー、身近さ、面白さなどを分かりやすく解説してくれてます。

  • 4.0
    akase

    Twitter はどういう特徴をもったメディアであり,どのように世界を変えようとしているのかを分析している. 現時点での Twitter の全体像をもっともよくとらえている本といってよいだろう.

  • 現時点での Twitter の全体像をもっともよくとらえている本

    4.0
    Kana

すべての18レビューを表示

  • M村

    まあ面白くなかった訳だが、それは本書が悪かったのではなくツイッターが変化したからかもしれない。発売された当時この本を読んでいたら間違いなくツイッターは始めようと思わなかったとは思う。私はツイッターをとても個人的で狭く楽しんでいて革命なんて感じない。流れてくるニュースもNHK等しかすぐには信用しないし、情報を選ぶってったって読む新聞やテレビのチャンネルを選ぶのと変わらない。すでにツイッターを始めている人は、本書はあなたが思うこと以上のことなんてないから、読む必要はない。古い新書はこういうのがあるから怖い。 続きを読む

  • ntahima

    各見開きページ左下にある囲み情報がとても役に立った。 続きを読む

  • サパタ

    これは初心者向け実用書ではないな。Twitterを遠巻きに見ている人達への導入書であり、ある程度使い慣れた人達への指南書でもある。これからトライしようとする人達には不慣れな用語が盛り沢山だった。読了する頃になんとなくアウトラインが見えたが、暫くは本書を片手に「ゆるーく」始めてみよう。 続きを読む

すべてのレビューを読む