発売日 2009年11月17日(火)

Twitter革命

著者名:神田 敏晶(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5739-4
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・神田 敏晶

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • これからTwitterを始める方に最適の一冊

    4.0
    TAKU

    Twitter関連の書籍はたくさん発売されていますが、この本は、Twitterにはまっている人、否定的な人の温度差の話から始まります。『インターネットの可能性を理解するのに一番大切なのは、「まず、純粋にユーザーになってみる」ということである。』(P.7より)Twitterに否定的な人、登録だけしてみたがいまいち面白さが分からない人に対して、”ただの宣伝”ではなく、一歩踏み込んだTwitterの魅力を解説しています。中盤以降では、RT(リツイート)、フォロワーの増やし方など、具体的なTwitterの利用方法、コツが解説されています。そして、Twitterのこれからの可能性(特にビジネス活用)についても簡単に触れられています。私自身、当初は、Twitterに否定的でした。しかし、本書をきっかけに少しづつTwitterの魅力が理解でき、文章を書く事が苦手な私も今ではすっかりヘビーユーザーとなり、ビジネス活用まで考えています。入門書だけに、ビジネス活用などTwitterの活用方法に関しては、紹介程度の内容でしたが、網羅性が高く、これからTwitterを始める方には、最もお勧めできる書籍です。また、Twitterのビジネス活用に関して、さらに突っ込んだ内容のものとしては、「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Powerや、ツイッター・ビジネス活用セミナーDVD (たった30日でフォロワーを2000人増やし、一発屋で終わることなく継続して集客する方法!Twitterビジネス活用の秘訣とは!?)がお勧めできます。本書を含めこの三点を押さえておけば、Twitterビジネス活用を一通り学べるでしょう。

  • 読みやすさ抜群のTwitter本

    4.0
    akase

    遅ればせながら始めたTwitterだけど、最初は何が楽しいのかがさっぱり分からなかったので、Twitterってこんなのだよ的なのが欲しくて手に取った本で、2009年に出版された、数あるTwitter本のひとつ。新書なので技術よりの本より入りやすいし、ビジネスよりではないので、眉唾腹グロな感じもなくサラっと読めました。ネットの動きに敏感な筆者がTwitterが持つパワー、身近さ、面白さなどを分かりやすく解説してくれてます。

  • 現時点での Twitter の全体像をもっともよくとらえている本

    4.0
    Kana

    Twitter はどういう特徴をもったメディアであり,どのように世界を変えようとしているのかを分析している. 現時点での Twitter の全体像をもっともよくとらえている本といってよいだろう.

すべての18つのレビューを表示

  • M村

    まあ面白くなかった訳だが、それは本書が悪かったのではなくツイッターが変化したからかもしれない。発売された当時この本を読んでいたら間違いなくツイッターは始めようと思わなかったとは思う。私はツイッターをとても個人的で狭く楽しんでいて革命なんて感じない。流れてくるニュースもNHK等しかすぐには信用しないし、情報を選ぶってったって読む新聞やテレビのチャンネルを選ぶのと変わらない。すでにツイッターを始めている人は、本書はあなたが思うこと以上のことなんてないから、読む必要はない。古い新書はこういうのがあるから怖い。 続きを読む

  • ntahima

    各見開きページ左下にある囲み情報がとても役に立った。 続きを読む

  • サパタ

    これは初心者向け実用書ではないな。Twitterを遠巻きに見ている人達への導入書であり、ある程度使い慣れた人達への指南書でもある。これからトライしようとする人達には不慣れな用語が盛り沢山だった。読了する頃になんとなくアウトラインが見えたが、暫くは本書を片手に「ゆるーく」始めてみよう。 続きを読む

すべてのレビューを読む