SBクリエイティブ

ろくでなし三国志

本田透:著者

本当はだらしない英雄たち

孔明は悪人だった!? 劉備たちは流浪の契約社員!? 新しい三国志の読み解き方を提供する、画期的な一冊。

いつも負けてばかりの劉備、誇大妄想の持ち主・孔明、ポエマーの曹操……。本書を読めば、三国志のヒーローたちの意外な素顔が見えてくる!? 彼らの時に滑稽で、時に悲しい生き方は、現代を生きる我らの人生の教科書にもなるはず!?

■著者:本田透(ほんだ・とおる)
小説家、評論家。1969年兵庫県生まれ。
高校を二度中退後、大学入学資格検定を経て、早稲田大学第一文学部哲学科入学(中退)、同大学人間科学部人間基礎学科卒業。
出版社で勤務した後にフリーとなり、現在に至るまで思想史から社会現象、ライトノベルまで幅広い分野で旺盛な執筆活動を展開している。
評論に『電波男』(講談社文庫)、『萌える男』(ちくま新書)、『なぜケータイ小説は売れるのか』(ソフトバンク新書)、小説に『ライトノベルの楽しい書き方』シリーズ(GA文庫)などがある。

定価:836円(本体760円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2010年6月16日(水)
  • ISBN:978-4-7973-5955-8
  • サイズ:CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
  • ページ数:280
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・本田透

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る