発売日 2011年02月26日(土)

はじめてのAndroid2プログラミング

著者名:柴田 文彦(著者)

¥3,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-6164-3
サイズ:
B5変/1色
ページ数:
552
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柴田 文彦

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • Eclipseインストールからブラウザ作成まで

    3.0
    よ〜ね

    ◎良かった点◎・一つ一つの手順がスクリーンショットと丁寧な説明で書かれている。・ページの終には各単語の索引が載っている・20個前後のアプリのレシピが載っている・エラー対策などが多少載っている×悪かった点×・説明が長ったらしく要点が分からず読む気が失せてくる。・説明が急に飛び現在どこを編集しているのかわからなくなる。・途中に注釈などは殆ど無いため理解しづらい。☆総評☆説明が微妙なので初心者の方は躓きそうな気がしますがある程度理解のある方でしたら様々なレシピが載っているので応用が効きそうです。またアプリ製作中に予測されるエラーが載っているので対策が比較的容易になります。ページ数541とすごい内容も厚いです。しかしついでに文字による説明がものすごく多いので疲れます。中途半端に説明不足があるので初心者には向きません。

  • 牛さん

    500ページ超の大著。ユーザインタフェースの説明がとても詳細で多岐にわたり、リファレンス代わりに使えて便利。ユーザインタフェース以外にも、プリファレンス、DB(SQLite)アクセス、ネットワーク、マルチアクティビティアプリ等、基本的なAndroidアプリの構成技術は網羅的に説明しており、この本一冊だけで基本的な部分はまかなえるんじゃないかと思える構成となっている。とはいえ、いかんせんサンプルコードと文章だけで全てを説明しようとしているため、必要な情報を把握しようとするのにちょっとした読解力が必要になる。サンプルコードはこじんまりして良質そうに見えるので、説明の要点を絞るか、図解など抽象的な説明を盛り込んでくれるとありがたかった。

すべての3レビューを表示