発売日 2011年07月29日(金)

ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣

著者名:門倉多仁亜(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-6541-2
サイズ:
四六/フルカラー
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・門倉多仁亜

Twitter

Unable to load Tweets

  • 暮らしのヒントがいっぱいです。

    3.0
    cyako

    日常生活を快適に過ごすヒントがあり、色々と役に立ちました。ただ、他の方もおっしゃっているように、文化が違えば、マナーや考え方も違います。遅れてきて、走らず堂々としましょう。というところは、日本ではちょっと受け入れられません。うちの主人はスイス人で、ヨーロッパで暮らしていた事もありますが、日本人の奥ゆかしさや、思いやりを持った考えを素敵だと言っています。スイスでお呼ばれに時計をするのは礼儀だとありましたが、女性は皆さんパーティではあまり時計をしません。どちらかと言えば、小さめなクラッチバッグにアクセサリーで華やかにし、その場に合った装いをする。という感じです。カジュアルなお呼ばれでは、今の時代携帯を持っているから時計はいいわ。と言う方が多かったです。高価な時計をしていれば、ひったくりに合わないよう注意されたので、逆にパリに住んでいた時はあまり時計をしなくなりました。内股で歩くのは、昔着物を着ていたからだと言われています。むしろ和服を着て大股歩きでドカドカ歩くのはエレガントではない。と子供の頃から習っていたお三味線の先生に叱られたものです。もう少し日本を良く見て欲しいなあ。と言う気持ちで星3にしました。

  • 5.0
    珈琲大好き

    ついつい「忙しいから」を理由に、家の中が散らかってしまいます。でも家の中がきれいだとイライラする気持ちも半減します。ちょっとした工夫と努力で、家での生活を気持ちよく過ごせるヒントが載っていて参考になりました。

  • 土田

    5.0
    土田 尚子

    大変美しく、新書のようなので驚いてます・ありがとうございます

すべての28レビューを表示

  • ごへいもち

    あまり押し付けがましくないところが良いかも。お店に入ったら店の人と目を合わせる、というのは見習いたい。スイスでは大事な場面では腕時計が必須らしい、お招きの時間もジャストとのこと、さすがスイスw。他にやろうと思った事→大事な情報は一冊のノートにまとめる。小家事はできるだけルーティン化して朝のうちに考えなくても体が動くようにすると良い。中家事は週に1回まとめてする 続きを読む

  • 橘@小確幸

    すっきりできてないので再読しました。心地良い一冊です。一日に心が消化できる量は限られている、というタニアさんのご友人の言葉や、どちらでもいいと言わない、上手にNOと言う、などに改めてハッとします。ちょっとあくせくしてしまっていたこの頃だったのかなと思ったので、この週末はゆっくりします。 続きを読む

  • 橘@小確幸

    「部屋と心の「すっきり」が持続します。」の帯につられて、門倉多仁亜さんの本を初めて読みました。押し付けがましくない語り口が好きでした。すっきりした部屋と落ち着いた心を保ちたいので、定期的に読んで染み込ませたい本です。 続きを読む

すべてのレビューを読む