発売日 2011年09月21日(水)

365日絵こよみ

著者名:大田垣晴子(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-6585-6
サイズ:
A5/フルカラー
ページ数:
152
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大田垣晴子

Twitter

Unable to load Tweets

  • うさぎ

    5.0
    Amazon カスタマー

    この本とは佐賀県の武雄図書館に行った時に出会い、絵が可愛らしく、四季の行事がわかりやすく、季節の中でおこる出来事に思わず、「あるある」と感じながら、ついつい笑ってしまうような本で、どうしても欲しくなり、武雄図書館では、販売のコーナーもあるので尋ねてみましたら、こちらの本はなく、お取り寄せはできると言われましたが、遠くから来ていましたので、泣く泣くあきらめ、ネットで探しましたところ、中古でしたが、とても状態もよく、お値段は送料のみほどで、とてもよいお買物ができ感謝しています。

すべての1レビューを表示

  • しゅわ

    【図書館】あとがきによると、化粧品会社のウェブで毎日連載されていたものをまとめた一冊のようで…タイトル通り、それぞれの季節の1日、1日を絵暦で紹介しています。行事や記念日だったりする日はもちろん、何もないような日も旬や歴史を感じさせるエピソードを紹介していて…四季豊かな日本の良さを再発見するような充実の内容でした♪ その名の通り、日めくりカレンダーとかになってたらもっと嬉しいかも!? 続きを読む

  • ひなた

    プール開きや衣替えなど社会人になってから縁がなくなったものや、祝日の意味、季節の食材や植物などがイラストで紹介されている本。知っていれば(気がつけば、思い出せば)日本の良さや歴史を感じることができ、少し心が裕福になれます。「こよみ」という響きって、なんだか可愛いですよね♪ 続きを読む

  • ひなきち

    つねづね思っていることは「四季のある日本に生まれて良かった!」なのに知らないことの方が多かった…ガーン…。反省もかねて、日本古来からの伝統や習慣、文化を学びたい。そして、何気無い日常を大事に過ごしていきたいと思いました。イラストがとにかくかわいくて分かりやすい。本の日っていつか知ってますか?4月23日でサン•ジョルディの日。日本ではなくスペインの伝説に基づくといい、大切な人にバラと本を送るそうです。ロマンチックだわ〜(*^^*) 続きを読む

すべてのレビューを読む