発売日 2012年01月15日(日)

乙女はお姉さまに恋してる 2 ~黄金の檻 荊の鳥籠~

著者名:嵩夜 あや(著者) のり太(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-6645-7
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・嵩夜 あや

イラスト・のり太

Twitter

Unable to load Tweets

  • ファンなら買うべし!

    5.0
    Amazon Customer

    おとボクファンで、ゲーム(マルチエンディング)が苦手な自分としては、待望の小説の続巻です。内容も良いと思います。

  • 5.0
    流音

    原作ライター&原作絵師のコンビの小説版の三冊目です。三冊目で続いてはおりますが、独立した話になっているので原作を知っているならこの巻からでも全く問題はありません。メインは表紙の通り、雅楽乃と淡雪を中心とした原作に沿ったストーリーとなっています。原作ゲームでの話やイベントを拾いつつも、今まで描かれていなかった二人の出会いの話や家元辞退の詳細など、この本を読むことでしか知ることのないエピソードがふんだんに入っており、この二人のファンでなくとも、おとボク2が好きな人にはお薦めできます。そしてイラストが前巻より気合いが入っていて、カラーページに薫子の貴婦人ドレス、千早のチャイナ、御前のビキニ、モノクロでは薫子のビキニ、御前が千早に「あーん」な場面と見所満載です。・・・まぁその分、46Pから250Pまで一枚も挿絵がないのですが。何はともあれ、雅楽乃と淡雪の二人が大嫌いという人でなければ読んで損はないと言える一冊です。次の巻も発刊が決まっているようで今から楽しみです。

  • やっとオリジナル色が出てきました。

    5.0
    堀田針一

    原作者による小説も、これで3冊目です。私は当初、この話も今までと同じ原作の内容が大半だと思っていたのですが、とんでもない、読んでみたら原作に書かれていなかったオリジナル要素がところどころに散りばめられており、読み始めたら最後まで止まりませんでした。舞台は8〜9月、今回の主役は華道部ヒロイン2人です。原作ではあまり触れられていなかったうたちゃんの家庭の事情、彼女と雪ちゃんの出会い、そして水泳のお色気シーンも入っていて更に原作では終盤で行われる家元試験がここで書かれており、ここでそれを終えた2人の後の学園生活にどう影響してくるのか、次回が非常に待ち遠しくさせられます。うたちゃんと雪ちゃんのファンは言うに及ばず、どうせ原作通りの内容をちょっと入れ替えただけだろうと思っている方も是非購入してください。買って損したとは言わせないようになっています!

すべての6レビューを表示

  • Easy

    原作の雅楽乃と淡雪絡みの話を整理してまとめたといった印象。千早とくっつかずにどうやって問題を解決するのかなと思っていたが、特に違和感もなく納得のできる結末だったので満足。ケイリの出番もうちょっと増えませんかね(懇願) 続きを読む

  • ショウヤ

    原作雅楽乃&淡雪ルートのノベライズ。表紙の二人が素晴らしい!うたちゃんスキーの俺としては、もっともっとうたちゃん側の心情を深堀りしてほしいなと感じた。そして、パン食い競争の挿絵がないのが残念でたまらない!とはいえ、原作プレイ済みでも新しい発見ができてよかった。水着うたちゃん最高! 続きを読む

  • 船長

    うん。面白かった。ただひとつ残念だと思ったのは、パン食い競争のアレに挿絵がなかったこと。アレは原作未プレイの人にこそ魅せるべき場面だろうに。 続きを読む

すべてのレビューを読む