発売日 2012年06月16日(土)

もう一人の「三菱」創業者、岩崎弥之助
企業の真価は二代目で決まる!

著者名:河合 敦(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-6713-3
サイズ:
新書/1色
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・河合 敦

Twitter

  • もう二度と日本では生まれないであろうドキュメント

    4.0
    Keiichi

    時代によって経営者を変え、事業を変え、時には政商のようなことも行って財閥解体を経ながらも着実に大きくなっていた三菱という存在の歴史を追った1冊です。新書なので読みごたえはありませんが、分かりやすくまとまっていると思います。こういった国を巻き込んで過渡期に大きな成長を遂げるということは、日本ではもう二度と無いのかと思うとその希少さに憧憬の念を抱きました。

  • 「三菱」とは・・ レビュー対象商品: もう一人の「三菱」創業者、岩崎弥之助 企業の真価は二代目で決まる! (SB新書) (新書)

    愛にコリータ

すべての2レビューを表示

  • Koki Miyachi

    三菱の創業者岩崎弥太郎の弟で、急死した弥太郎の後を継いだ岩崎弥之助の類い稀な経営者マインドを知る。三菱の歴史はそのまま黎明期の日本の産業の歩みと重なる。ひとつひとつの出来事を深く掘り下げるよりも、全体の流れ、岩崎弥之助の人生を概観する視点でみるスタンスが明快でよい。いかに人を束ねて率いるか、学ぶことが多い。 続きを読む

  • tack_ipc

    本宮ひろ志の「猛き黄金の国」という漫画を読んで、興味がわいたので、読了。 今の三菱の繁栄が創業者だけでなく、二代目・三代目と優秀な人間のおかげで(もちろんその周囲の人も)成り立っていると感じた。 続きを読む

  • ドル箱

    さて感想いきましょう。何故?私がこれを「手」に取ったのは河合敦がどの様な「テーマ=視点」で「三菱創業者」を書くのかなぁ~とその「1点」のみです、「参考文献」なぞ「読まなくても」私は「予備知識」で全てを網羅しておりますので「感心」しませんが、物事を多角的に「考察」するのは好みなので「見ました」ん~「教科書」ですね、私的は「毒にも薬にもならない」三菱ネタを1つ「丸の内」の「土地」は今、尚「三菱」の土地です。スカイツリーも「三菱」が「関っております」仮に「三菱」が倒産したら、それこそ「日本の終わり」ですよ。 続きを読む

すべてのレビューを読む