発売日 2011年12月15日(木)

双子と幼なじみの四人殺し

著者名:森田陽一(著者) saitom(イラスト)

¥600 (税別)

ISBN:
978-4-7973-6739-3
サイズ:
文庫
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田陽一

イラスト・saitom

Twitter

Unable to load Tweets

  • ヒロユキ

    歯車が噛み合わないかのような気持ち悪さ、ストーリーの収まりの悪さや全体的に粗さ、爪の甘さを感じたけど意図的であろうその部分が印象的でした。ちょっとのことで化けそうな気がしないでもないので次作以降に期待。 続きを読む

  • 蛇の婿

    いろいろあちこち違和感があって素直に楽しめませんでした。簡単に言うと、この作品の登場人物たちって単なる高校生なのに暴力及びその結果に対して禁忌がいささか無さすぎるような気がするのですね。事件にクチバシを突っ込む理由付けも正義感ではなくホントの自己満足だし。怒りたいから怒ってるだけ…。題名に惹かれたのと、双子に対して思うところがあったので読んでみましたが…むーん…とりあえず、この巻だけではストーリーはほぼ全く動いていない、と思われるので、あちこちに散りばめられた伏線を希望に、次巻も読んでみます… 続きを読む

  • Yobata

    正義感が強すぎる菱川迷悟は、幼なじみで双子の新山一縷と朽縷ととある秘密の理由で同居していた。美人な双子に翻弄されながらも日常を送っていた迷悟達は学校で飛び降り自殺を目撃してしまう。自殺として処理されていたが一縷は突き落とした奴がいたと主張する。その飛び降り自殺の裏には、学校のアイドルのグッズ販売や交際を賭けた決闘などがあり、愛憎渦巻く事件の真相とは…。やたら正義を主張し、色々なことに首を突っ込む自己満足野郎はあまり好きじゃないんだよなぁと思いながらもタイトルから魅かれて読んでみたが、迷悟は確かに自己満足→ 続きを読む