発売日 2012年09月23日(日)

ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-0フェニックス 始まりの不死鳥
ヴァリアブルファイター・マスターファイル

著者名:クロスコンテンツ編集部/GA Graphic(制作) ビックウエスト・河森正治(監修)

¥2,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6808-6
サイズ:
A4変/フルカラー
ページ数:
128
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

制作・クロスコンテンツ編集部/GA Graphic

監修・ビックウエスト・河森正治

Twitter

Unable to load Tweets

  • 不死鳥且つ、始祖鳥。

    5.0
    say-g178

    VFの始祖でありながらも生産数も100機程度で使用期間も短かったVF-0をフューチャー。先ず、他ではスルーされることが多く不満点に挙げられることの多い変形についての詳細が写真と共に語られている。劇中でも丁寧にスロウで描かれていたが、これには喜ばされた。勿論、アーマードパックもきちんと掲載されている。本書ではVF-0の他、QF2200Dゴースト・空母アスカII・SV-51・VF-3000にも触れられている。なかでも面白いかったのがアスカIIにデストロイド・モンスター級が配備されていたかどうかの考察。あんなの積んでも運用が大変だし戦術的に意味ある?甲板も乗降用エレベーターも耐えられる?でも動力源を原子炉から反応エンジンに選んだ時点でスペースが空くから完全否定も出来ない…みたいな自問自答。ちょっと笑ってしまった。D.D.イワノフ少佐やフォッカー、マオ・ノームらマクロスZFROの登場人物、グローバル艦長や早瀬准将らにも触れられている。VF-0に関しては星間戦争により多くの情報が喪失している、という設定が上手く活かされている。つまりマクロスZFROを観た我々の方が(シチュエーション上の)本書のライターより多くの事実を知っている、という奇妙な優越感を得られる箇所が散見されるのだ。先のモンスター搭載の可否などは一例である。弱点も目立ち未完成な機体という印象も強いVF-0であるが、不死鳥という冠名の通り記憶から消えることのないVFであろう。

  • 5.0
    M@yoP

    バルキリーの誕生秘話に深く触れたいなら買って損はしません。マクロスZEROが好きなら是非とも。

  • Macross

    5.0
    Mr Mike

    Great detail. A must for Macross fans!!

すべての7レビューを表示

  • Kei Kobayashi

    つい、カッとなって買った。後悔はしていない。しかし、同じ手法が多すぎる。これなら1000円から1500円の範囲で発売してほしい。 続きを読む

すべてのレビューを読む