発売日 2012年11月16日(金)

マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる!
49歳のおじさん、2度目のマラソンで2時間58分38秒

著者名:田中 猛雄(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-7117-8
サイズ:
新書/1色
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田中 猛雄

田中猛雄(たなか たけお)
1957 年生まれ。東京・江東区「Take アスリート鍼灸院」院長。五輪メダリストにも施した治療と、自らの経験を元にした的確でわかりやすいトレーニングのアドバイスを求めて、多くの市民ランナーが足を運ぶ。学生時代は陸上短距離(200m・400m)。36 歳でマラソンに目覚め、フルマラソン完走は43 回。「自ら経験しないとアドバイスできない」というモットーから、フルマラソン以外にもマスターズ陸上(短距離)、ウルトラマラソン、富士登山競走にも出場する現役ランナー。

Twitter

Unable to load Tweets

  • Take@磨穿鉄靴

    何度も読み返している本。疲労抜きジョグの効果は正直疑問。これは強度の弱い他の運動でも代替可能だと思われる。まあランナーは走りたいからゆっくりでも走れれば良いんだけどね。あとポイント練習の強度はそれなりに高い。仕上げ一ヶ月の内容も甘くない。内容は薄いしシンプルだけど間違った事は言ってないと思う。★★★☆☆ 続きを読む

  • こばきよ

    4月に1週おいてハーフと10㎞に出場したら、そのせいか、足の痛みが少し出てしまったので、だまされたと思ってという部分もあり、40歳を過ぎているので、故障はやっぱいやだなと思って(年齢関係ないか)。けど、読んでみて、少しやってみて、実はポイント練習のハードルが相当高い。インターバルや20㎞走での追い込みのレベルを上げる、そして、補強トレーニングを実行できるか。サブスリーなんて恐れ多くて目指すべくもないけど、末永く続けていくために、疲労を抜きながら、負荷も高められるように。けど、やはり続けることが第一。 続きを読む

  • ロッキーのパパ

    タイトルを見ると初級者向けに見えるけど、上級者向けの内容だと思う。著者の主張を一言でまとめると「週一二回のポイント練習で脚力を作り、残りの日はゆっくり走って疲れをためないことが大事」となる。トレーニングと休息のバランスを取る考え方は十分に納得できる。ただ、「ゆっくり走るだけ」と書いていないところがミソ。サブ3を達成するポイント練習も書いているけど、1000メートルを3分45秒のインターバルを7本とかなり強度が高い。この練習を実施できるまでの方法を書いていないので、上級者向けと考えた。 続きを読む

すべてのレビューを読む