発売日 2012年11月23日(金)

FCバルセロナの語られざる内幕 
サッカー史上最強クラブはこうして誕生した

著者名:グレアム・ハンター(著者) () 松宮 寿美(訳)

¥1,900(税別)

ISBN:
978-4-7973-7122-2
サイズ:
四六/1色
ページ数:
512
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・グレアム・ハンター

訳・松宮 寿美

Graham Hunter(グレアム・ハンター)
アバディーン出身で、この10年間は、愛するクラブのホームであるバルセロナで暮らす。1982年のワールドカップスペイン大会以来のフットボールファンである。1980年代の終わりごろからフットボールに関する記事を、『サンデー・タイムズ・スコットランド』、『スコティッシュ・デイリー・メール』、『デイリー・メール、サンデー・ヘラルド』、『メルボルン・エイジ』などで執筆。また、スカイTV、ニューストーク106、BBCラジオ第5放送、トーク・スポーツ、ESPN USで番組を担当している。現在はuefa.comでバルセロナを担当。2010年のワールドカップ南アフリカ大会では、スペインのFIFA TVプロデューサーを務めた。本書が初の著書。

Twitter

Unable to load Tweets

  • mazda

    やはりというべきか、クライフが今のバルサの基礎を作ったという話が載っていますが、この人はプレーヤーとしてだけでなく、コーチ、経営者としても素晴らしい頭脳を持っていたと思います。彼はバルサとの契約がなされなかった36歳のとき、フェイエノールトと契約をしたそうです。その時彼の年俸を払えない平均入場者1万人だったチームに対して、最初の1000人はチームに、それ以降の1000人についてはチームと彼で折半、という契約をしたそうです。結果、クライフ見たさにファンが増え、チームも彼もハッピーに。経営者としても天才です。 続きを読む

  • 湘南☆浪漫【Rain Maker】

    カンテラと会長選挙の行は興味深い。 育成段階の若い選手の将来性をどう判断するか。 見誤ることも当然あるからね。 続きを読む

  • 赤坂光家

    借りてきたサッカー翻訳書。厚いよ厚い、凶器になりそう。FCバルセロナの成り立ちを事細かに愛情深く書き込んでいるライター氏の力量は高くて、「へぇー」「ほー」の連発。ただ、ニワカサッカー愛好家の自分には別途注釈本が欲しいほどの専門用語の羅列。海外サッカーマニア向けの専門的書かなー。 続きを読む

すべてのレビューを読む