発売日 2014年02月22日(土)

無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?
100億円の価値を生み出す凄いコンセプトのつくり方

著者名:江上 隆夫(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-7328-8
サイズ:
四六/1色
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・江上 隆夫

江上隆夫(えがみ・たかお)
ブランド・コンサルタント/クリエイティブ・ディレクター
有限会社ココカラ 代表取締役
デキル。株式会社 取締役

長崎県五島列島の大自然の中で伸び伸びと育つも、父親の事業失敗により愛知県へ転居する。大学卒業後、プロミュージシャンを目指したが挫折。しかし、それが幸いしてコピーライターに。その後20年近く大手広告代理店でコピーライター及びクリエイティブ・ディレクターとして、さまざまな業種の広告とブランド構築にかかわり、コンセプト力を磨く。2005年独立後はブランド・コンサルタント、クリエイティブ・ディレクターとして、数億から50億、100億単位の広告制作やブランド運営にかかわっている。最近では、誰もがイノベーションを起こせるようにするスキルの開発や、地方自治体イベント・自治体首長のマニュフェストづくりに参加するなど活動の幅を広げている。主な受賞歴に朝日広告賞、日経広告賞グランプリ・優秀賞、日経金融広告賞最高賞、日本雑誌広告賞、東京コピーライターズクラブ新人賞などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • YM

    自分を整理するために。コンセプトはだいぶまとまった。自分が目指すデザインにまだぶれがある。足りないスキルもある。あとはやりながら。頭と手を動かして。変化を恐れないこと。 続きを読む

  • ito

    タイトルにつられて手に取ったが、無印良品の事例ではなく、コンセプトの重要性を説いた内容だった。最近、タイトルで手に取らせるビジネス書が多い気がする。内容としては、あらためてコンセプトについて考えさせられた。キャッチコピーのように認識していたので、大変参考になった。コンセプトの重要性を理解できるだけでなく、コンセプトの作り方、使い方まで説明されており実践的である。コンセプトのベースとなるのは、他社との差別化であると感じた。 続きを読む

  • ひろ☆

    コンセプトとは、私にとって、「 」とは何か。私たちは「 」である。 コンセプトはできるだけ短く。確固としたコンセプトがあり、それが商品に反映されることによって、他との差別化、ファン化するんだろう。 見えない強み。トライ&エラーを許す環境。要は決断。人間は深く決めたことしか実現できない。やろうとしないとやれない。なろうとしないとなれない。 意志のないところには、何も生じない。そうしようと強く思った時点で現実は変わっていく。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品