発売日 2016年10月26日(水)

降りてくる思考法
世界一クレイジーでクリエイティブな問題解決スキル

著者名:江上 隆夫(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-8565-6
サイズ:
四六/1色
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・江上 隆夫

江上 隆夫(えがみ・たかお)
ブランド・コンサルタント/クリエイティブ・ディレクター。有限会社ココカラ代表取締役。デキル。株式会社取締役。長崎県五島列島で育つ。父親の事業失敗により愛知県へ転居。大学卒業後、プロミュージシャンを目指したが挫折。コピーライターに。その後20年近く大手広告代理店でコピーライター及びクリエイティブ・ディレクターとして、広告とブランド構築にかかわり、2005年独立。ブランド・コンサルタント、クリエイティブ・ディレクター。朝日広告賞、日経広告賞グランプリ・優秀賞、日経金融広告賞最高賞、日本雑誌広告賞、東京コピーライターズクラブ新人賞など。著作に『無印良品の「あれ」は決して安くないのになぜ飛ぶように売れるのか』がある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • ふ~@豆板醤

    <本が好き!献本>処理能力が非常に高くスパッと答えを出してくれる"無意識"をいかに自分の思い通りに近い状態で使えるかというのがテーマ。無意識に問いかけるにはできるだけシンプルな問いにすることが必須で、どれだけ従来の「ワク組み」や固定観念を壊し越えることができるかも重要な要素。その切り口が全部で48パターン紹介されていて、読むだけでも頭が柔らかくなりそう。「人間は一日に6万件前後の考え方をする」という豆知識は衝撃的。質より量の思考も時には大事! 続きを読む

  • Shinya

    なんどでも読み返し、ここに出てくる手法をいつでも行えるようにしていきたい。 そして、アイデアを出すときにやってはいけないのは否定すること。 実際にブレストした時、ここに出てくるようなスキルで出した意見を「それやる必要なくない?」の一言で一気にやる気を失った思い出が。 アイデアを出す仕事に就く人は一回全員これを読んだ方がいいと思う。 続きを読む

  • くみん

    クリエイティブなお仕事の方にはとても参考になる本だと思います。クリエイティブな仕事をしていなくても、物の考え方や捉え方を見つめ直し、頭を柔らかくしてくれる面白い本でした。いつもの考え方にとらわれ、こうするもんだという思い込みが普通になっていて、きっとたくさんのことが降りてきているのに勝手に却下していたのかも…。これからは焦らず楽しく素直に色んな方向から見つめる目を持ちたいと思いました。 続きを読む

すべてのレビューを読む