発売日 2013年07月16日(火)

スーパーダンガンロンパ2 南国ぜつぼうカーニバル! [1]

著者名:あららぎあゆね(著者)

¥650(税別)

ISBN:
978-4-7973-7417-9
サイズ:
B6/カラー+1色
ページ数:
164
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あららぎあゆね

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 満足

    5.0
    Amazon カスタマー

    とても満足することができました。すごくいい商品だと思います。

  • 4.0
    あすか、書込

    ダンガンロンパシリーズのアンソロジーが好きでよく読んでいます。原作を丸写しした感のある本もある中でこのコミックは面白かったです。絵柄は可愛い目です。表紙で日向が腹チラしていますが、何かのお約束なのでしょうか?(この辺から同人誌的ニオイがします)マンガ本編は日向がイジラれキャラになっています。マンガオリジナルの部分が多いので、ゲームを知っている人には好き嫌いが分かれるかも知れません。

  • キャラがふざけあっているだけの内容

    1.0
    kazukiti

    タイトルの通りです。ギャグがメインのようなフリと絵柄ですがしっかりとストーリーは進みしっかりと人は死にしっかりと裁判は行われます。原作とほぼ同じストーリーの合間に寒いギャグが挟まれているだけで流れがゴチャゴチャになっています。完全にギャグにしてしまえばいいものを中途半端に本編をなぞっているため、シリアス展開が続く裁判シーンなどではこれまた中途半端にシリアスで中途半端にギャグが挟まれるという酷い構成です。人が死んでるのにそれにほとんど意を介さずシリアス寄りなシーンでも合間合間に寒いギャグが挟まれ、本を読んでいて常にシリアスシーンかギャグシーンかどちらかが鬱陶しく感じてしまいます。ギャグの内容は本当にただの「寒いギャグ」であってロンパシリーズならではのギャグなどはほとんどありません。ただ合間合間でキャラがふざけあっているだけという内容です。コマ割りやセリフなどの構成もかなり見づらく、全体的に漫画家としての実力不足を感じますね。ギャグメインのロンパ関連書籍を読むなら4コマやアンソロや「ココロ常夏、ここロンパ♪」をオススメします。

すべての8レビューを表示

  • まりあんぬ

    ちょこちょこ小ネタには面白いと感じるところはあるけれども、皆の気が常に緩んでる感じがするからか読んでてなんだか違和感を感じてしまった。ギャグを詰め込みすぎてて読み切るのがしんどいというか・・。絵はかわいかったです。 続きを読む

  • nadaha

    話のテンション的にアイランドモード編の話かと思ったんだけど普通にコロシアイもあるのね。正直みんなのテンションが弛緩しきっててシリアスにコロシアイや裁判シーンが見れない感じがするからちょっと微妙。みんなのキャラデザも頭身下がってて、モノクマとモノミの感じもあんまいらいらさせる感じがなくなってて、これではコロシアイになりっこないじゃんって思うんだけどな。 続きを読む

  • 霧香

    ゲーム本編に沿ったギャグ。 続きを読む

すべてのレビューを読む