SBクリエイティブ

一瞬で決算書を読む方法

大村大次郎:著者

税務署員だけのヒミツの速解術

かつて国税調査官だった著者は、高度な会計知識を持たずに、的確に瞬時に決算書を読み解いていた!
「あまり勉強せずに会社の業績を読めるようにしたい…」「会社が公表する決算書に騙されたくない…」人向けに、瞬時で会社の数字の嘘を見抜く方法を伝授。

「あの会社の景気はどうなの?」「あの会社は本当に儲かっているの?」……。
自分の会社や取引先、投資先、就職したい会社、ニュースで取り上げられる大企業など、企業の状況を知りたい人はビジネスパーソンに多い。
しかし会社の情報を読み解くには厄介なことが2つある。
「決算書を読むこと自体が難しいこと」と「会社の数字は必ずしも真実を表していないこと」だ。
かつて国税調査官だった著者は、限られた情報の中から、的確に瞬時に決算書を読み解き、本当は儲かっている会社を探すのを仕事としていた。
国税調査官は実は会計の知識がそんなにないにもかかわらず、会社の数字の嘘を瞬時に見抜いているのが現状。
そのスキルは知識や時間のないビジネスパーソンにうってつけのものといえる。
「時間がないのであまり勉強せずに会社の業績を読めるようにしたい……」
「会社が公表する決算書に騙されたくない……」
国税調査官時代のエピソードも交えながら、決算書に隠れた本質を瞬時に見抜くテクニックを伝授。
『サラリーマンの9割は税金を取り戻せる』 『税金の抜け穴』をはじめとするベストセラー著者の最新刊!

■目次:
第1章 税務署は“本当に儲かっている会社”だけを狙う
第2章 国税調査官は会社のどこを見ているのか?
第3章 決算書は平気で嘘をつく
第4章 一瞬で儲かっている会社を見破る方法
第5章 あの会社はなぜ儲かっているのか?

定価:803円(本体730円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2014年5月16日(金)
  • ISBN:978-4-7973-7462-9
  • サイズ:新書/1色
  • ページ数:208
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・大村大次郎

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る