発売日 2014年01月16日(木)

腸をダマせば身体はよくなる

著者名:辨野 義己(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-7533-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・辨野 義己

辨野 義己(べんの よしみ)
1948年大阪府生まれ。独立行政法人 理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室長。 農学博士。DNA解析により腸内細菌を多数発見。腸内細菌と病気との関係を広く調べ、ビフィズス菌・乳酸菌の健康効果を広く訴えている。「うんち博士」としても、テレビ・雑誌等マスコミに登場。ヤクルト、協同乳業、ビオフェルミン、フジッコ、森永乳業、東亜薬品工業など7社出資で、理化学研究所内に辨野義己特別研究室を開設。著書に『大便通』(幻冬舎)、『見た目の若さは腸年齢で決まる』(PHP)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • スリーピージーン

    はちみつ、オリーブオイルがおなかにいいようだ。今のところお通じの調子はいいのだけれど、一応勉強しておこうとうんち博士の本を読んでみた。ここでも心と腸の調子は密接に関係していると説いている。”便所”は体からのお便りの届くところ(*゚ー゚)vなぁるほど。 続きを読む

  • ううまん

    大便通の先生の腸の本。肉ばかりじゃなく、ビフィズス菌の含まれる食事を。お腹が調子イイと元気でいられるんだよなぁ。 続きを読む

  • がんちゃん

    信じがたい部分もあった 続きを読む

すべてのレビューを読む