発売日 2014年01月16日(木)

サラリーマンは早朝旅行をしよう!
平日朝からとことん遊ぶ「エクストリーム出社」

著者名:日本エクストリーム出社協会(編集)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-7605-0
サイズ:
新書/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

編集・日本エクストリーム出社協会

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 魔法の言葉☆エクストリーム!

    4.0
    ロンダルキアでつかまえて

    ネット界の奇才、しーなねこ氏のブログは以前から楽しく読んでいる。iDish、リアル桃鉄など、日常にちょっと遊びを加えて楽しむ氏のスタイルが、今回、あまやん氏とのコラボである、「エクストリーム出社」で大きく開花した。私自身読書が好きなので、朝の4時頃に起きて読書→朝風呂→のんびり朝食→出社というのはよくやるのだが、こういった時間の過ごし方を、思い切り活動的な方にベクトルを振ってみるという発想はなかった。まさに目からウロコ。メディアなどにも取り上げられ、多くの賛同者を生んでいる「エクストリーム出社」だが、その理由はこの、「その手があったか!」という、単純な、愉快な驚きにあるような気がする。「今度は何をしてみようかな?」そう考えている時、そこにはそれまでよりもポジティブに、クリエイティブに毎日を楽しんでいる自分がいる。「エクストリーム」、たったその一言で世界が変わる。なんとささやかな、そしてなんと偉大な魔法だろう。と絶賛しながら☆4つなのは、本書の大部分がネット上で既出の記事をまとめたもので、氏のブログやツイッターをチェックしている人には新鮮味に欠けるから。せっかく本として出版するのだから、特別企画のようなものが欲しかった。そこだけ減点。しーなねこさん、あまやんさん、スミマセン。

  • 小山薫堂の番組で紹介された。

    4.0
    後生畏るべし

     BSフジの番組で、小宮山雄飛氏が辛酸なめ子さん対談している時に、質問者としての小山薫堂氏が「朝は強いですか?」と小宮山氏に質問をする。朝が強いということから、エクストリーム出社が紹介された。不思議な空間であったが、その原本としてこの本を購入しました。 インターネットでも様々に紹介され、面白い。朝活とは違うということでしたが、思いっきり遊ぶイメージがよい。何かとスキルアップを思考する中で、無駄とも思える事に一所懸命になって挑戦することが面白い。後何分あればやれるのか。非常に中途半端とも成りかねないことに夢中になることが大切なのだと思う。 朝はお疲れさまではなく、行ってらっしゃいということになるのは、意外と仕事は一所懸命できるかもしれない。

  • 主婦にこそ必要な…

    5.0
    みこ

    Twitterで しーなねこさんが楽しそうだったので拝読。主婦には無理かな?と読み進めたら意外に主婦こそ 早朝にリフレッシュすべきなのでは?と思いました。沢山の事例が出ているが 早朝出勤終電退社な我が家には 眠る時間が(笑)たぶん 朝から自分の好きな掃除している私も ちょっとエクストリームなのかな?たぶん 家事とは違う趣味としての掃除だし(苦笑)

すべての9つのレビューを表示

  • チェ・ブンブン

    「日本エクストリーム出社協会」なんてあるんですぬ。最近、寝てバイトに行く単調な生活に嫌気が差すものの、無気力でダメ人間に陥っている。この本を読んで、勇気づけられ、まずは朝映画を復活させようと決心した。キャンプや温泉、潮干狩り、朝からできるんですねw 続きを読む

  • はな

    とことん遊ぶって、久しくやってないなぁ。職場と反対方向に出社、そりゃ非日常だ。 続きを読む

  • かなすぎ@エンジニア

    会社に行くのが辛いという出来事をきっかけに始まったエクストリーム出社。土日に休みがあるとしても、ぐうたらしてしまうので、平日の出社前の朝にレジャーを思い切り楽しんでから出社する。ただし遅刻は厳禁。(笑)初級から上級まで様々種類のエクストリーム出社があったけど、個人的にはアウトドアが好きなので、キャンプとかサーフィンしてから出社するみたいなことをやってみたい。会社の人達とも夜飲み会に行って親睦を深めるのではなく、エクストリーム出社を一緒にやって仲良くなるとかありそうだな。 続きを読む

すべてのレビューを読む