発売日 2014年02月15日(土)

住んでみた、わかった! イスラーム世界
目からウロコのドバイ暮らし6年間

著者名:松原 直美(著者)

¥760(税別)

ISBN:
978-4-7973-7690-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・松原 直美

松原 直美(まつばら なおみ)
1968年東京生まれ。上智大学経済学部卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻博士後期課程退学。タイの公立高校日本語講師を経て、ドバイへ2006年に移動。UAE国立ザーイド大学にて日本語指導と空手道の初代講師として、2007年~2012年まで勤務。UAEでは茶道の振興にも携わった。現在はロンドン在住だが、UAEと日本の架け橋となるべく活動を続けている。
ブログ「ドバイ千夜一夜」( http://blogs.yahoo.co.jp/dubai1428)は、2007年から連載をはじめ、もう少しで1000回を数える。

  • 少しだけ、未知なる世界を覗けた

    4.0
    ポンポン

    何かと、イスラム世界に感心を持たざるを得ない状況になって来た今、少しでもイスラム世界に生きてらっしゃる人々の考え方に触れる事が出来ました。政治的な事は、一切排除された日常のドバイの人々の暮らしのみ伝えてくれた本なので、余計な偏見を持たずに読め、少しだけイスラム世界の方の考え方が解りました。素晴らしい人達だと思いますし、日本人とはお互いに理解しあえるのではと思います。

  • 4.0
    jaka

    筆者のUAEでの日本語教師としての生活を通じた実体験からみえたイスラム文化についての紹介本。筆者が最後に言っている通り「イスラム教徒がイスラムをどれだけ信仰するかは一人一人が自分の意志で決めると言う事」であり、この本に書いてある事がすべてのイスラム教徒に通じる訳ではないが、イスラム文化についてイメージがない人には入門本としておすすめ。

  • とても面白かったです

    5.0
    りー

    ドバイとありますが、全体的にUAEの文化や風習に触れられていて、誰にでもわかりやすくイスラム世界が身近に感じられる一冊です。そして、住めばわかるということではなく、日本語教師をしていらっしゃる筆者だからこそ、見えただろう視点でかかれており、とても面白く読ませていただきました。お勧めの一冊です。

すべての20レビューを表示

  • rakim

    直にイスラム世界の人と関わってみなければわからないことがたくさんあるのね・・と思いました。収束の気配もつかめない中東情勢を思うと、宗教と紛争の関連に混乱してしまいます。・・・が、この本は異なった文化背景を持った世界を覗いた「滞在記」のように気軽な一冊。へぇ・・そんな習慣があるのね、案外柔軟な宗教感なのね、と知った部分もあり。 続きを読む

  • キック

    おわりにで著者自らが本書を、「イスラームに初めて触れる方への入門書」と位置づけています。本書は、5年間のドバイでの生活を通して知ることのできたイスラーム社会を、平易な読みやすい文章で紹介した本です。各章とも大変面白かったです。とっつきにくい印象のあるイスラーム社会ですが、本書は生活の視点で堅苦しくない内容となっていて、親近感が湧くこと間違いありません。 続きを読む

  • はるみかん

    イスラーム教徒の人たちの価値観、文化はとても新鮮で、興味深かった。構えずにサクサク読める本。 続きを読む

すべてのレビューを読む