発売日 2015年01月16日(金)

保険ぎらいは本当は正しい

著者名:長尾 義弘(著者) 横川 由理(監修)

¥790(税別)

ISBN:
978-4-7973-7692-0
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・長尾 義弘

監修・横川 由理

【監修者】横川由理(よこかわゆり)
FPエージェンシー代表 CFP MBA(会計&ファイナンス)。大手生命保険会社での勤務を通じ、顧客の立場に立った考え方」の必要性を強く感じて、ファイナンシャル・プランニングの教育業界に飛び込む。現在は、FP資格取得学校や大学での講師をはじめ、マネーセミナー、執筆など幅広く活動中。「中学生でもわかる」を目標にファイナンシャル・プランニングの普及や教育に取り組んでいる。著書に『老後にいくらお金が必要か?』(宝島社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)など多数。

【著者】長尾義弘(ながおよしひろ)
AFP、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。著書に『ストーリーでわかるお金のツボ』(モバイルメディアリサーチ)、『コワ~い保険の話』(宝島社)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 保険ぎらいのままでいいのか? 疑問に思えてきた。勉強になりました。

    4.0
    be3osaka

    保険ぎらいを自認しています。ところがこの本を読んでみると、こんな低利の時代には保険で運用したほうがいいかなと思えてきました。長期の場合は保険の加入をした場合と自分が複利で運用をしたときのそう受取額で損得を考えるのですが、低利の時代に自分で運用しても思ったように増えないというのが実態ではないかと思えてきました。いずれにしても、現時点で今後の利息をどう読むかによって結論は変わって来そうです。この本では自分で運用したとき場合と、保険加入の場合の比較しています。それが大いに参考になるはずです。

すべての1レビューを表示

  • こぼ

    保険の勉強。 もっと調べて最適の保険を探したいと思う。 続きを読む

  • イグアナの会 事務局長

    保険の勘違いの例。。保険料は一生変わらない→一生払ったら、かえつて高くつく。持病のある方でも大丈夫→その分、保険料は高くつく。ずっと安心→特約などは途中でなくなるかも?。給付金もらって得→支払った保険料を考えて。お祝い金→自分のお金が戻ってくるだけ。。。あ、そう言えば、健康保険の高額療養費制度と付加給付制度を知らない医療保険のお姉さんがいて、、ビビった事があります。おとろしい。。。 続きを読む

  • lopmomo

    とても参考になった。 続きを読む

すべてのレビューを読む