発売日 2015年07月17日(金)

LPIC Level.1 1回で合格必達テキスト+問題集 【Version 4.0対応】
一冊で完全合格シリーズ

著者名:末永 貴一(著者)

¥3,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-7722-4
サイズ:
A5/1色
ページ数:
576
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・末永 貴一

末永 貴一(すえなが よしかず)
株式会社エイチアイ 開発本部 副本部長 兼 システムデザイン部 部長。UI/UXの研究・製品開発を行う株式会社エイチアイでオープン系システム開発事業、教育事業、自社IPの研究開発を経て現在は開発全般の統括業務を担当している。様々な業務の中で十数年Linuxに携わる。LPIC主催団体LPI-Japanでのセミナーにて講師としての実績多数。同団体ホームページの「Linux道場」コラム執筆者でもある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 模擬問題集の解説が気にいるかどうかで評価が別れます

    3.0
    Ever Dream★

    私はLPIC-1合格済です。LINUX教科書(赤本)で学習して合格することができました。LINUX教科書と比べるとテキスト部分は必要最低限な記載ですが、判り易く書かれており効率的な学習ができると思います。各章の最後に簡単なミニテストがあります。模擬問題集については解説部分がとても簡素で私としては物足りません。解説内容は問題に対する正回答のみに絞られています。選択肢が複数ある問題の場合、誤回答の選択肢については解説が全くありません。全ての選択肢について解説がある場合、解説を読むことで復習にもなるため、一つの問題の解説で複数の問題の解説を読むような感じになります。私の場合、試験日間近や時間の無い時は解説部分を繰り返し読んで学習しました。模擬問題の解説を重視する人にはお勧めできませんが、とても簡潔に判り易く記載されていますので最短で合格を目指すような人にはよいのかもしれません。問題は出来るだけ沢山こなした方が合格に近付くと思いますので、問題集も別途購入されることをお勧めします。

  • 4.0
    はやたま

    Linuxをゼロからはじめる人が読んで理解できるように555ページ中369ページが解説になっています残りはおさらいの試験と模擬試験が2パターン収録されていましたまったくLINUXを理解していない人も、きちんと最初から読み込むことで最低限の基礎知識は身につけられるようになっていますLPICLevel1の試験対策に限らず、基本的な知識を得たい初心者にもはじめての入門書として十分な内容になっていると思いましたもちろん読み込んで模試を繰り返せば101/102試験の対策になるのでLPICを視野に入れたい人にもよいテキストだと思います。逆に言えば、LINUXを習熟済の人は模擬試験だけの製品で十分かも知れませんまた試験範囲前提の知識ですのでより広い範囲を知りたい人は入門書や解説書の方が有用だと思いますこれは個々人のレベル次第ですので、購入を検討されている人の参考にして貰えればと思います。

  • LPIC認定試験初学者の方も

    4.0
    Hrym

    本書は、LPIC認定試験の概要、Linuxとはから始まりハードウェアやネットワークについて、セキュリティまでLinuxに限らずPC使用環境そのものを学ぶことができます。テキストの対象者は、Linux実務経験のある方だけではなく、初学者の方も という内容紹介にあるように、本書はこれからLPIC試験を受けようと思っている、Linuxについて学びたいという方に最適の書・テキストであると思いました。本書にはテキスト部分と問題部分(練習問題と模擬試験)があります。またさらに重要要点をまとめたチェックシート部分があり、これは試験直前の復習であったり、内容の理解度チェックの際に大いに活躍するのではないかと思いました。わたしは資格試験の勉強の際に、本書のようなチェックシート、要点をまとめたものを自作していましたので、この要点チェックだけでも評価ポイントは高いと言えます。

すべての16レビューを表示

  • Takashi Naito

    この文量だけでは試験はちょっと厳しいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む