発売日 2014年07月16日(水)

転職したり、フリーランスだったり、離婚を経験した人は知らないと損する、年金の話

著者名:浜田裕也(監修)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-7740-8
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

監修・浜田裕也

浜田裕也
学習院大学理学部数学科卒。大学卒業後、塾講師(対象の生徒は小・中学生。数学と理科を担当)を経てファイナンシャルプランナー(CFP)へ転身。ファイナンシャルプランナーとして活動を続ける中、社会保障、特に年金制度に興味を持ち始め社会保険労務士の資格も取得。その後、社会保険労務士会の業務委託で年金事務所にて年金に関する相談も受けるようになり、相談件数は年間1,000件を超える。複雑な年金制度の解説や具体的な申請手続きの進め方のアドバイスには定評がある。老後の生活設計や将来の年金額のシミュレーションなどの記事が「週刊東洋経済」や「プレジデン」トなどに掲載されるほか、監修として 『日本でいちばん簡単な年金の本』 (洋泉社 第3章監修)がある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 年金に関する誰もが今知りたいことが、丁寧に、わかりやすく書かれています。

    5.0
    北條 利男

    さすがに、数多くの年金相談の現場を踏んでいる作者だけに、テーマが身近で、皆が悩んでいる的を得ており、書かれている内容も誰もがわかりやすく書かれている。年金の本と言えば、専門的な内容が、とかく難しい言葉で書かれていたり、テーマが教科書そのもの、と言わんばかりのありふれた内容ばかりですが、本書は、人生設計において誰もが味わうような話題をふんだんに取り込み、それだけに興味深く、一気に読んでしまいました。年金の話題を通して、自分の生き方そのものも考えられる、まさに一粒で2度おいしい!!・・・そんな感じです。

  • 4.0
    吉川 功

    公的年金制度について、初心者には良い本だと思いました。私自身会社員で何を払って何を受け取れるかを知らないため、とても参考になりました。

  • まとまりが弱い

    2.0
    aaa

    複雑な年金制度を明確に整然と説明していることを期待しましたが、お世辞でも整理された説明とは言いがたく分かりづらい内容でした

すべての8レビューを表示

  • もりりん

    知ってることばかりだった……。自営業だと、ホント、老後資金の問題は頭を抱えます。結局、どの本読んでも、自営業は国民年金と、確定拠出年金と、小規模企業共済が基本なのよね……。 続きを読む

  • のら

    年金に関する基本的な内容が中心の初学者向きの本です。言い換えれば、中級者以上の方には物足りない内容です。浜田さんは監修となっており、筆者は不明。内容に重複があったり用語が統一されていない箇所があったりすることから考えて、恐らく複数人で書かれているのではないでしょうか。文章の下手さが原因で、簡単な内容のはずなのにすんなりと理解できない箇所もありました。全体的に残念な印象でした。 続きを読む

  • vladimir-kyoto

    いろいろなケースが例示しており、年金をよく知らなかった私にとっては有益な本でした。最後の資産運用は蛇足な気もしますが。 続きを読む

すべてのレビューを読む