発売日 2014年11月15日(土)

「うつ?」と思ったら副腎疲労を疑いなさい
9割の医者が知らないストレス社会の新病

著者名:本間 龍介(著者) 本間 良子(監修)

¥760(税別)

ISBN:
978-4-7973-8009-5
サイズ:
新書/1色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・本間 龍介

監修・本間 良子

本間良子(ほんま りょうこ)
埼玉県出身。スクエアクリニック院長。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。同大学病院総合心療内科入局。専門は内科、皮膚科。日本抗加齢医学会専門医、米国抗加齢医学会フェロー、日本医師会認定産業医、日本内科学会会員。「副腎疲労」(アドレナル・ファティーグ)の第一人者であるウィルソン博士に師事。近年はアドレナル・ファティーグ外来にとどまらず、ホルモン補充療法やブレインマネジメントまで診療の幅を広げる。アドレナル・ファティーグの夫をサポートした経験から、患者家族へのアドバイスも親身に行っている。現在、南フロリダ大学大学院にて医療栄養学を専攻。著書に『しつこい疲れは副腎疲労が原因だった』(祥伝社文庫)がある。

本間龍介(ほんまりゅうすけ)
東京都出身。スクエアクリニック副院長。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。同大学院医学研究科修了。医学博士。日本抗加齢医学会専門医・評議員、米国抗加齢医学会フェロー、日本医師会認定産業医、日本内科学会会員。「副腎疲労」(アドレナル・ファティーグ)の第一人者であるウィルソン博士に師事。自身もかつてアドレナル・ファティーグに苦しんだ経験を活かし、日本ではまだ数少ない外来診療を行っている。監修に『しつこい疲れは副腎疲労が原因だった』(祥伝社文庫)がある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • しんちゃん

    日常生活のなかには、確かに副腎に負担がかかることが多いと納得しました。脳・腸・副腎。意外な疾患との関連も知り勉強になりました。小さい臓器だから、大切にしたいです。 続きを読む

  • RED FOX

    腎臓の上にチョコナンっとあるのが副腎。機能は腎臓と関係が薄い(^^ゞ ホルモンにて体調を司るとても大事な臓器らしいよ。タイトル通り副腎を疲れさせるとウツに似た症状になるとのことで、じゃあ酷使しないためにどーすればよいか、てな導入。知らないことだらけ!やはり身体を心の底からいたわる大事さを思い出しましょう(>_<) 続きを読む

  • ギルダーツ

    やや極端なところもあるが、非常に参考になった。家内の体調回復の一助となればいいな。 続きを読む

すべてのレビューを読む