発売日 2015年04月16日(木)

世界のエリートはなぜ哲学を学ぶのか?
桁外れの結果を出す人の思考法

著者名:福原 正大(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8011-8
サイズ:
新書/1色
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・福原 正大

福原正大(ふくはらまさひろ)
学習塾Z会との合弁で、小中高生のための「英語を考えるリーダー塾」を展開する「igsZ」、ならびにグローバル人材育成の「Institution for a Global Society(IGS)」代表取締役。一橋大学特任教授も務める。慶應義塾高校時代にニューヨークにホームステイしたことをきっかけに、世界を舞台に活躍することを心に決める。慶應義塾大学卒業後、1992年東京銀行に入行。フランスの名門ビジネススクールINSEAD(欧州経営大学院)でMBA、フランスのグランゼコールHEC(パリ)で国際金融の修士号を最優秀賞で取得。筑波大学で博士号(経営学)取得。2000年世界最大の資産運用会社バークレーズ・グローバル・インベスターズ入社。欧米のトップスクール教授陣で構成されるグローバルチームで為替の研究と戦略を構築。35歳にして最年少マネージングダイレクター、日本法人取締役に就任し、ニューヨーク証券取引所でオープニングベルを鳴らす。2010年IGSを設立。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 著者のグローバルな視点は、本物です

    5.0
    bmaria81

    慶応大学ビジネススクールの講演を聴いて感動して購入しました。知的能力と感受性のバランスの良い著者が薦める内容に、有無を言わず納得です。我が子をグローバル人材に育てたい親御さんにも、お薦めです。

  • 3.0
    asian_tam

    哲学の必要性がわかり、とても良かったです。ただ、タイトルと表紙で損をしていると思います。書いている内容は素晴らしいので今後の出版に期待です。

  • 本の題名や著者の経歴がやたらと派手な割には内容の薄い本

    1.0
    a teacher

    本当に哲学書を読んでいるのか疑いたくなる内容である。このくらいの内容なら「まんがで読む○○○」のような本を数冊読めば書けそうだ。「自分の頭で考える」とか「疑ってみる」とか、ずっと昔からよく言われていることの受け売りが多いし、特にひどいのは教育関連の話で、「正解は一つ」だと教えているからだめだとくり返しているが、すべてのことに関して正解が一つだなんて教えている教師は一人もいない。想像(妄想?)で人を批判するのはやめたほうがいい。また、「世界標準のコミュニケーションの道具であるはずの英語に「正解は一つ」という思考を盛り込んでしまっている」などという日本語が、全く意味不明であり、この人本当にエリートなんですか?とつっこみたくなる。この本の中で「無知の知」と言われても、説得力がない。

すべての7レビューを表示

  • KAKAPO

    初めてマイケル・サンデル教授による白熱教室を観た時、私は、なんじゃこりゃ?と思いました。どちらを選んでもメリットとデメリットがあって優劣が決めにくい正解のない問題に、学生が、ああでもない、こうでもないと自分の考えを述べて議論する講義が自分が知っている「先生から一方的に教えを請う授業」とは全く違ったからです。でも、この本の著者である福原正大さんが都市銀行に勤めている時に留学したフランスでは、高校ですら哲学が必修科目になっており、既存の価値観にとらわれることなく、自分の頭で物事を考える人間を育ているそうです。 続きを読む

  • masabi

    これからの世界で必要となるのは、哲学的思考法である。哲学的思考法とは、答えのない問題を問い続ける強靭な思考であり、読書、議論によって鍛えられる。特にお薦めなのが哲学書で、筆者と対話することで自身の思考レベルを上げることができる。グローバル化により、英語と教養は必須になる。英語はコミュニケーションツールとして、知識の実践としての教養が話す内容となるのか。知識を疑う際にも哲学的思考法は不可欠である。 続きを読む

  • daidainngo

    なかなか興味深かった。やっぱり、この先は英語と教養が大事なのか。 続きを読む

すべてのレビューを読む