発売日 2014年12月16日(火)

本当は全然偉くない征夷大将軍の真実
武家政権を支配した“将軍様”の素顔

著者名:海童 暖(著者) 二木 謙一(監修)

¥900(税別)

ISBN:
978-4-7973-8042-2
サイズ:
新書/1色
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海童 暖

監修・二木 謙一

【監修者】二木謙一(ふたき・けんいち)
1940年東京都生まれ。國學院大學大学院日本史学専攻博士課程修了。國學院大學名誉教授。豊島岡女子学園理事長。文学博士。『中世武家儀礼の研究』(吉川弘文館)でサントリー学芸賞を受賞。主な著書に『関ヶ原合戦─戦国のいちばん長い日』(中公新書)、『戦国 城と合戦 知れば知るほど』(実業之日本社)ほか多数。NHK大河ドラマ「平清盛」「江~姫たちの戦国~」「軍師 官兵衛」ほか多数の風俗・時代考証も手がけている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 権力はもろい

    4.0
    高川光輝

    人間ってドロドロしてる。この本を読んで思った感想です。将軍たちの果てしない権力闘争が続き、途中で途方に暮れました。特に鎌倉から室町時代のあたりは、めちゃくちゃだなって思いました。どんなに権力があっても、心の弱さ、体の弱さ、運の悪さで、あっさり権力を奪われる。これは征夷大将軍無き今の時代も、脈々と受け継がれているのかもしれません。

  • 4.0
    LAW人

    二木先生がお書きになったと思い手にとっては見たものの、実際は別の著者が存在し、書いていることが判明したが、なぜ表紙に本当の著者の名前を出さないのか不思議でしょうがない1冊で、結局は二人とも刀の専門でないことが判明した。

  • レビュー対象商品: 本当は全然偉くない征夷大将軍の真実 武家政権を支配した“将軍様"の素顔 (SB新書) (新書)

    ラントバンカー

すべての5レビューを表示

  • アラレちゃん

    源氏の政治力の無さと北条氏の狡猾さに笑った。北条氏は元々、平氏側の人間。それを考えると源氏政権をぶっ潰すのは当たり前か。ただ可哀想なのは何の関係もない親王将軍たち…。鎌倉将軍と徳川将軍の間に挟まれた室町将軍たちも個性豊かなので、是非とも読んで欲しい1冊です。 続きを読む

  • インテリ金ちゃん

    征夷大将軍といってもいろんな人がいた! 続きを読む

  • たぬき

    世界観を感じられない 続きを読む

すべてのレビューを読む