発売日 2015年01月16日(金)

寝たきりにならず、自宅で「平穏死」
健康寿命を延ばすために大切なこと

著者名:長尾和宏(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-8054-5
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・長尾和宏

長尾和宏(ながおかずひろ)
医療法人裕和会理事長、長尾クリニック院長。1958年香川県生まれ。1984年東京医科大学卒業後、大阪大学第二内科に入局。1995年兵庫県尼崎で開業。年中無休の外来診療と365日24時間体制での在宅医療に従事。医学博士、日本慢性期医療協会理事、日本ホスピス在宅ケア研究会理事、日本尊厳死協会副理事長・関西支部長、関西国際大学客員教授。
著書に『「平穏死」10の条件」(ブックマン社)、『胃ろうという選択、しない選択』(セブン&アイ出版)など。
・朝日新聞「町医者だから言いたい」(毎日更新)http://apital.asahi.com/article/nagao/index.html?page=1

Twitter

Unable to load Tweets

  • 健康で平穏に 最期を迎えたい人に

    5.0
    Student

    本書のポイントは二つ:1.まず、自助努力により健康寿命を延ばすために、  どのように生活習慣を変えればよいか、を簡潔にまとめてあります。  これがサブタイトルに掲げている「健康寿命を延ばすために大切なこと」。2.もう一つの重点は、タイトルの「寝たきりにならず、自宅で『平穏死』」が示すように、  在宅主治医に最期を平穏に看取ってもらうことを考えると、  入院や介護施設への入所には、注意しなければならないことです。健康寿命と平穏死の要点が簡潔に一冊にまとまっている点で、良いと思います。

  • 5.0
    ピナこらーだ

    健康であることのありがたみを感じていますが、健康寿命を伸ばすヒントがあるかと購入しました。健康であるための生活習慣について、参考になりました。また、自宅での平穏死について、在宅主治医の存在など書かれており、こちらも大変参考になりました。自助努力と情報収集、どちらも大切だと思いました。

  • 逝くまで元気でいたいです。

    5.0
    sho

    とにかく、健康寿命を延ばすように生活習慣に気をつけねばなりませんね。

すべての8レビューを表示

  • まりまりこ

    人生の最期は、ぴんぴんころりで迎えたい・・・誰しもが願うことなのに、 実際、そのように亡くなる人は、わずかで、日本は「不健康長寿大国」であるという事実。 これからは、介護保険や医療保険もどうなるかわからないし、子供も頼れないっていうか、できるだけ子供に迷惑かけずに逝けたらと願う。 とにかく、すぐできること・・・・毎日歩こう!!! 続きを読む

すべてのレビューを読む