発売日 2015年12月05日(土)

ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ
日本人が知らない100の疑問

著者名:茂木 誠(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8240-2
サイズ:
新書/1色
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・茂木 誠

茂木 誠 (もぎ まこと)
駿台予備学校世界史科講師。
東京出身。大学在学中から塾で教壇に立ち、気がつけば駿台の講師になる。
iPadを駆使した視覚的講義は、多くの受験生から、圧倒的支持を得ている。「受験生が単語の暗記に追われて、世界史の醍醐味を知らずに受験を終えてしまうのは残念。その責任は、大学入試にある」と語り、細かな知識の暗記ではなく、世界史の「構造」を掴むことをモットーとしている。学習参考書を手掛ける一方、『経済は世界史から学べ!』『世界史で学べ!地政学』など、ビジネスマン向けの世界史学び直しの書籍もベストセラーになる。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 世界情勢を大まかに理解するにはよい

    3.0
    MSG

    割と易しい文章で、いっきに読めます。世界情勢を大まかに理解するにはいいと思いますが、細かな点ではやや雑な印象を受けましたし、一部正しくない記述も見られました。また、ソースがサミュエル・ハンティントンを除いて一切明記がない点を含めると、この本の内容を鵜呑みにするべきではなく、あくまでも一意見として捉えるべきだと思います。

  • 5.0
    ポチ Dover

    この本は日本国内に住む日本人も、海外在住の邦人も読んでおきたい知的自己防衛サバイバルバイブルです。国内のメディアのスピンを知るには欠かせない情報が満載。この一冊は2015年に書かれ、電子書籍のなって出されたのが2016年。今読むと確実にあの時何が起きて、どうなったのかが答え合わせできます。そして、歴史的な整合性と、自らの経験と知識で書き手の学問を再発見できます。これは素晴らしい本です。ただ、感情的に敵を見つけて、感動したい人には不向き。知的興味がある人にはヨダレタラタラの嬉しい本です。読んで、後で満足。さらに物の見方を教えてくれる素晴らしい教育書です。

  • 夢中になって読める!

    5.0
    ボギー

    著者が予備校講師ということもあってか、とにかく内容が頭に入ってきやすい語り口。学校で習う授業としての「歴史」は、史実がタコツボというかつながりや背景説明が弱い。時間軸最優先主義。一方、本書では現代の時事ネタを理解するために必要な史実について時代を自由に駆け巡って説明されるため、理解しやすいし記憶に残る。記憶術として、新しい事実を単体に留めるのではなく知り得ている他と結びつける手法を耳にしたことがあるが、まさにそのような構成である。

すべての53レビューを表示

  • 岡本

    駿台予備校世界史科講師の著者が近年のニュースの背景である世界史を分かりやすくに解説した一冊。欧米、中東、中国などを中心にQ&A形式に纏められている。続巻と合わせて購入したので2018年に読むと少し古い内容だが非常に読みやすい。続巻も期待。 続きを読む

  • 抹茶モナカ

    読みやすく、わかりやすい。ヨーロッパの現状、中東問題、日中関係を世界史の視点から解説してくれる本。中国は気付かないうちに経済大国になったなぁ、と、今更ながら思った。アメリカは衰退するのかぁ。予備校の先生が書いた本で、わかりやすいので、普段、新聞を読まない僕でも、ふむふむ、と読めた。 続きを読む

  • meri

    面白い。久々にワクワクする本。書いてあることは受験世界史の範囲内だけれど、それがわかりやすい言葉でわかりやすく書かれていることに感動を覚えた。復習にも最適。池上さんの本は時折眠くなるけど、こちらはユーモアもあって良かった。今度は興味あるテーマを選んでもう少し掘り下げたものに挑戦しよう。自分なりの意見を持てたらいいな。▶︎メモ▶︎政教関係、イスラム、クルド人、ユダヤ人、ADB、中国、アメリカと戦争、 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年04月04日(土)