発売日 2017年09月06日(水)

ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ 2
日本人が知らない 101の疑問

著者名:茂木 誠(著者)

¥820(税別)

ISBN:
978-4-7973-9165-7
サイズ:
新書/1色
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・茂木 誠

茂木 誠(もぎ まこと)
東京都出身。駿台予備学校世界史科講師。
首都圏各校で「東大世界史」「難関国立大世界史」等の国公立系の講座を主に担当。iPadを駆使した独自の視覚的授業が支持を集めている。
著書に世界史の参考書・問題集のほか、一般書として『経済は世界史から学べ!』(ダイヤモンド社)、『世界のしくみが見える世界史講義』(ヒカルランド)、『図説 世界史でわかる経済問題』(監修・宝島社)、『世界史で学べ!地政学』(祥伝社)、『世界史を動かした思想家たちの格闘』(大和書房)など多数。「久米書店」「報道2001」などTV出演も。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 歴史という高見から。

    5.0

    現在の外交問題を学ぶための基礎として良書であると思う。地域的にもアメリカ、ロシア、中国、北朝鮮、トルコ、イギリス、ドイツ、などバランスよく網羅されている。各地域、国の分析も陰謀論的なものなく、思想的な偏った意見はなく、過去にこうであり、その結果、こう考えがちという事実を元にした意見はおおむね賛同できた。

  • 4.0
    Toyo

    発刊一年以上経ってセールになっていたのを買って読んでみたけれどなかなか。さすがに情報はすでに古くなっているところがいくつかあるけれど、作者の執筆時の予測と現在の状況を照らし合わせるのもまた面白い。首をかしげる見解も若干はあるけれども、総じて説明は分かりやすく、過去からニュースで伝えられる状況に至る歴史の流れを掴む面白さを得られると思う。

  • 発刊一年経ってもなかなか面白い。

    4.0
    Snark

すべての25レビューを表示

  • 岡本

    地政学を中心に世界のニュースを分かりやすく解説した一冊。こういう本では池上さんが有名だが、違う著者のものを読んでみるというのも異なる意見が見えて良い。強いリーダーが増え続ける昨今、果たしてどう進んでいくのか。広く注目せねば。 続きを読む

  • kinkin

    普段テレビや新聞で報じられたことをそのまま受け取っていることが自分自身とても多いことを感じた。アメリカのトランプ政権のこと、保守とリベラルについて、安倍政権、EUのこと。ロシアのブーチン、シリア情勢他北朝鮮のことなど。世界の問題というのはいろんなことが複雑に絡み合っていることを知る。前作は読んでいないので気になる。 続きを読む

  • James Hayashi

    中国、韓国、米国と南北朝鮮の統一を望んでいる人間がほとんどいないことが見通せる。期待しているのは北朝鮮の一部のみ。日本にとっても歓迎できない。その他はアメリカの政治と外交、EUについてなど。予備校の世界史の講師というが、国際政治学者とも言える著者。ちょうど1年前の発刊なので旬な話題が多く役に立った。国際関係の基礎が見え、シリーズの1も読みたくなった。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年04月07日(火)