SBクリエイティブ

それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らない できる人のデータ・統計術

柏木 吉基:著者

●グローバル企業で数々の提案を通した著者が、ビジネス最強の武器「数字×ロジカルシンキング」の使い方を紹介

「それ、数字で説明してくれる?」と言われて困った方、
経験で解決策を練ってきたもののうまくいかないことが多いと思っている方。
いつもグラフは作っているものの、その先に進みたいと思っている方。
分析手法は理解したけど、結局使えていないと悩んでいる方。
特に文系ビジネスパーソンのなかには、「数字」と言われるだけで、
何をどうしたらいいのかわからなくなる方も多いのではないでしょうか?

本書は、元日産で、外国人役員に数々の企画や提案を通した著者が、実務で数字を使いこなすためのロジカルシンキングや、 目の前の課題とデータとを結び付け、解決策にたどりつけるデータ分析の考え方、データを使った伝え方などを、紹介するものです。

●「数字×ロジカルシンキング」の両方があわさって、はじめて多角的な分析力が発揮される

たとえば、毎週の売上棒グラフを見て、「あの課は最下位だからなんとかしなければ」といったように、 単純な結論を出していませんか?
このような表面的な見方だけでは見落とす情報も多いのです。

ロジカルシンキングはできても数字が使えない、グラフ化などデータの整理はできてもロジカルな進め方や考え方ができないので、 適切な結論にたどり着かないという方は多いです。
本書では、初めて「数字」と「ロジカルシンキング」を組合わせ、データ分析をする前に絶対必要となる考えの組み立て方を中心に紹介する本です。
課題定義から解決策まで、主人公の洋平と一緒に、一連の流れを追いながら、
ゆっくり解説していきますので、分析手法だけにとどまらない「考え方」を知ることができます。

■目次:
序章 それ、ちょっと数字で説明してくれる?ってどういうこと?

第1章 数字やデータで考えるための「ロジカルシンキング」
Story 「本当の課題」をデータで再度考えよう?

第2章 現状を知り、「課題」(What)を特定する
Story 「なんでA商品が問題って言えるの?」「そ、それは~」

第3章 データで「なぜ問題が起こっているのか」(Why)を確認する
Story「商品寿命が終わったって本当?」

第4章 結果を伝える
Story 今までの話を整理する

定価:1,540円(本体1,400円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2015年7月31日(金)
  • ISBN:978-4-7973-8300-3
  • サイズ:四六/2色
  • ページ数:224
  • 付録:-

本書では、実務に必要なデータの見方や分析のやり方はもちろん、最初のプロセスで必要な考え方や視点について丁寧に解説します。しっかりとした課題設定、数字に基づく、筋の通った説明を下地としたシンプルなストーリーが求められます。誰もが理解でき、やればやるほどスキルとセンスを上達させることができます。

上のグラフで来店者数を加えてみると、「売上高」一本でしか勝負できない状況から大きな一歩を踏み出せたことがわかります。結果を並べただけの「データ整理」では、現状把握しかできない。「分析」に進めてはじめて、価値ある情報が引き出せます。視点を1軸から2軸以上に広げること。この例は、グラフ上の見た目だけで判断できるシンプルな例です。

考えを客観的にするコツは図のようなマトリックスです。考えていることの1つひとつが、どこまで具体的であるかを整理します。事実として見えている現象と、本来は分析してわかるはずの原因、その原因に基づいて計画する方策を明確に意識して切り分けましょう。

課題解決プロセスの中では、「課題ポイントを見つける」ところと「要因特定をする」ところのそれぞれにおいて、仮説を先に立てます。正しいのかどうかを検証するには、現場へ行って自分の目で確かめるか、データで事実と照らし合わせるといった手段が必要です。つまり、一般事務でのデータ分析の直接の目的は、「立てた仮説の検証」だと私は考えています。

「スナップショット」とは、ある範囲を切り取って、その特徴を表そうとする視点です。「スナップショット」で分析すると、色々な要素や切り口で比較しやすくなる。ただし、一定期間に絞った静的な情報であることを忘れずに。

2つの軸でデータをプロットし、その分布の様子から共通項を見出し、グルーピングします。各グループはなぜ他のグループと違うのか、どんなところが違うのか。変化点と共通項の両方に着目したこの事例のように、常にそれぞれの着眼点が完全に独立しているとは限りません。2つ以上の着眼点を合わせて考えるときに使える視点です。

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

柏木吉基(かしわぎよしき)
データ&ストーリー代表
多摩大学大学院 ビジネススクール客員教授
横浜国立大学・亜細亜大学 非常勤講師

神奈川県生まれ。慶應義塾大学理工学部卒後、日立製作所入社。
2003年MBAを取得後、2004年日産自動車へ。 海外マーケティング&セールス部門、組織開発部等を経て2014年独立。
グローバル組織の中で、社内変革プロジェクトのパイロットを務め、経営課題の解決、新規事業の提案等、データやロジックを組織の意思決定に活かした数多くの実績と経験を持ち、これらを強味に活動している。
現在、大手百貨店やメーカー、地方自治体などへの企業研修や実務で成果を出せるデータリテラシー定着のためのコンサルティングやスキル育成サポートを行う。
大学や大学院での実践的なビジネス授業も英語・日本語で展開している。
世界120か国、旧東海道500キロを踏破。

データ&ストーリーHP:http://www.data-story.net

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る