発売日 2015年05月30日(土)

なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?
希望をつくる実践版「レジリエンス・トレーニング」

著者名:久世 浩司(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-8302-7
サイズ:
四六/1色
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・久世 浩司

久世 浩司(くぜ・こうじ)
ポジティブ サイコロジー スクール代表
1972年岐阜県大垣市生まれ。 慶應義塾大学卒業後、P&Gに入社。化粧品事業のマーケティング責任者としてブランド経営・商品開発に国内外で従事。その後、国内初のポジティブ心理学の社会人向けスクールを設立、代表として就任、コーチ・講師などの実務家を育成する。専門はレジリエンス。 NHK「クローズアップ現代」ではレジリエンス研修が取り上げられた。著書に『「レジリエンス」の鍛え方』『親子で育てる折れない心』(実業之日本社)がある。応用ポジティブ心理学準修士課程修了。認定レジリエンス マスタートレーナー。

  • タイトル通り強気の本

    3.0
    Amazon カスタマー

    表紙とタイトルから、ビジネスワールドでの成功や自己成長に役立つ本だろう、でも書かれていることはきっとどの職業のどの立場の人にも役立つ本だろうと思い購入しました。メンタルのメカニズムを仕事の現場で活かせる視点や方法がたくさん書かれており、なるほど、と思うことがたくさんありましたが、変わることのない一定の力強さで勢いよく書かれており、元気がない時に読むとちょっとしんどくなってしまいます。もちろん、今、仕事に乗りに乗っていて、さらに高みを目指したい人にはぴったりの内容だと思います。付録として、今自分がどういう状態であるかを顧みる「思い込み犬カード」が付いていますが、なぜ「犬」なの?という思いがぬぐえず3つ星です。

  • 3.0
    都内に通うサラリーマン

    レジリエンスを身につけるには目標を立て見通しをつけること。わかってはいるのだけどなぁ〜一流という言葉に惹かれて買ったのだが、そもそも自分は一流をめざさないほうがいいのかも。

  • あたりまえといえばあたりまえ

    4.0
    Kindleユーザー

    当たり前の気構えを思い出させてくれる一冊です。少し、心が軽くなる気がします。

すべての22レビューを表示

  • はるわか

    【逆境力(レジリエンス)】逆境や困難に直面したときに適応する精神力と心理的プロセス、①底打ち②立ち直り③教訓化。3分間マインドフルネス呼吸法。気晴らしの習慣:運動、音楽、呼吸、筆記。【希望力(ウェイパワーとウィルパワー)】どんなことがあっても最終的にはうまくいくという心理状態への変化、①複数の見通しをもつ「見通し力」:目的設定と細分化、障害予測、シュミレーション②心のスタミナを浪費せずやる気を維持する「意志力」:小さな挑戦、速足散歩、睡眠。 続きを読む

  • もくたつ(目標達成)

    睡眠と食事と運動を大切にして、いい習慣を続けようと思った。 続きを読む

  • 復活!! あくびちゃん!

    結構実例があげられているのだが、その割には、「じゃあ、こういうふうに行動すればよいのね」ということは書かれていない。そのため、単なる自己啓発書になってしまっている。期待していただけに、やや残念でした。 続きを読む

すべてのレビューを読む