SBクリエイティブ

求道心

加藤 一二三:著者

誰も語れない将棋天才列伝

天才たちには底知れぬ求道心があった!
1954年、14歳で史上最年少(史上初の中学生)プロ棋士となった著者。
この記録は半世紀以上たった今も破られていません。

さらに1958年には、18歳でA級8段に昇格するという偉業を成し遂げ、
「神武以来の天才」と呼ばれるようになりました。

1968年には10段戦で大山康晴名人を下し、初タイトルを獲得。
その後も名人、王位、棋王、王将など数々のタイトルを獲得。

棋士生活は60年をこえ、現在75歳の現役棋士最年長。
通算対局数・敗戦数は歴代トップで更新中、
通算勝利数は現役最多(歴代2位)。

1950年代から2000年代まで、
棋士の最高クラスであるA級に在籍した唯一無二の”将棋界のレジェンド”。

著者が対戦した最古参のプロ棋士は1897年生まれの故・村上真一八段。
一方で、あと何年かすれば21世紀生まれのプロ棋士が誕生します。

その時まで現役でいれば19世紀、20世紀、21世紀生まれの棋士と対戦する
という快記録が生まれるかもしれません。

世襲制が廃止され、実力名人制が導入されてから名人になった棋士は12人いますが、
著者は自身を除く11人全員と対戦し、
あらゆる世代のトップ棋士の実力を知る唯一のプロ棋士。

最近ではバラエティ番組に数多く出演し、
「ひふみん」の愛称でお茶の間の人気者になっている著者が、
60年以上の棋士生活を振り返り、歴代の名人たちと対局した唯一無二の存在として、
天才たちの知られざる一面を独特の語り口で綴ります。

本体価格:880円(本体800円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2016年3月5日(土)
  • ISBN:978-4-7973-8412-3
  • サイズ:新書/1色
  • ページ数:208
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・加藤 一二三

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る