発売日 2016年04月06日(水)

その「1錠」が脳をダメにする
薬剤師が教える 薬の害がわかる本

著者名:宇多川 久美子(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8413-0
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・宇多川 久美子

宇多川 久美子(うだがわくみこ)
一般社団法人国際感食協会理事長 有限会社ユアケー代表取締役 ハッピーウォーク主宰
明治薬科大学卒業。「薬を使わない薬剤師」を目指して、 食べること、歩くことの大切さを多くの方に伝えるため、各地で 「アンチエイジングセミナー」 「メタボ対策セミナー」を開催。 「感食ドクターKUMIKA」として ダイエットコンサルタントも手がけ、『Dr.KUMIKAのいただきますダイエット』を刊行。綺麗に食べ、綺麗に笑い、綺麗に歩く『KUMIKA式・感食アンチエイジング法』を提唱。10万部を突破した、『薬剤師は薬を飲まない』 (廣済堂出版)『薬が病気をつくる』(あさ出版)など著作多数。薬の危険を啓蒙する著作も話題を呼んでいる。

Twitter

(1/18) 紀伊國屋書店 電子書籍 健康・美容・ダイエットランキング3位:宇多川久美子【著】『その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 SB新書』

その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 SB新書

amasale.newif.net

その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (宇多川 久美子) が、KindleストアでSB新書リニューアル4周年セールで392円引きの400円(55%OFF)、4ポイント還元になりました。1/30(木)まで。

その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書)

著者:宇多川 久美子(著) 出版:SBクリエイティブ 2016/4/5(火)配信

j.mp

Load More...
  • たーさん(^-^)

    図書館本 読メで知って借りてみた。私は体調悪くなるとすぐ良くなりたいから病院に行って薬をもらって飲んでしまうので、この本を手にした。やっぱり薬は副作用もあるし良くない。薬だけじゃなくて入浴剤や湿布も良くないんだー😅皮膚から入るからね。 インフルエンザの予防接種も、安心だと思ってたけど、薬と言うものは副作用があるってこと頭に入れておこうと思いました。 続きを読む

  • Kentaro

    厚生労働省も一に運動、二に食事、しっかり禁煙、最後に薬。という言葉をホームページに開示していたようです。 これに似た言葉で、一に水分、二に運動、三に食事、最後に薬というのもあります。これは、便秘の解消に良いことだと言われています。 本書は薬の依存を克服した薬剤師が薬の持つ、デメリット、つまり、本来動物が持つ、自然治癒力、免疫力を低減させるということを具体的に説明します。 ただし、薬を持っているというだけで安心してプラシーボ効果を発揮するような使い方は良いのではとも言います。 例えば、下痢止めを持つ等です。 続きを読む

  • こうちゃ

    ☆3 過去の著作と重複する部分もあったけれど、ちょっと怖いタイトル通り薬害に関する記述がパワーアップしているように思った。私自身めったに薬を飲むことがないので、たまに飲むと症状は治まっても全身がだるくて起きられないことが多く共感する部分もあるにはある。1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後に薬。生活改善、免疫力UPが健康に生きる秘訣のよう。 続きを読む

すべてのレビューを読む