発売日 2015年12月05日(土)

不安な未来を生き抜く知恵は、歴史名言が教えてくれる
「明日を変える力」を磨く55の言葉

著者名:竹中 平蔵(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8465-9
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・竹中 平蔵

竹中平蔵(たけなか へいぞう)
慶應義塾大学教授、グローバルセキュリティ研究所所長。1951年和歌山県生まれ。73年、一橋大学経済学部卒業。同年、日本開発銀行入行。その後、大蔵省財政金融研究所、大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを歴任。98年に「経済戦略会議」メンバーとなる。2001年に経済財政政策担当大臣に就任し、金融担当大臣、経済財政政策・郵政民営化担当大臣、総務大臣などを務め、小泉純一郎内閣の「構造改革」を主導した。06年より現職。博士(経済学)。ほかに、アカデミーヒルズ理事長、一般社団法人日本経済研究センター研究顧問、株式会社パソナグループ取締役会長、オリックス株式会社社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼務。著書多数。

Twitter

Load More...
  • 鷹藤 森

    「人間はどうしても自らの経験からものごとを考えてしまいがちだが、歴史や海外に学び、常に変化をしなくては未来を生き抜くことはできない。 変化をする難しさを学べるものは歴史の中に生きた人の名言である。」 ・・・だって。 続きを読む

  • 645TJC

    濃く深い学び①好機は自ら作り出す。偶然は準備のできていない者を助けず。状況は常に変化する。変化を楽しみ、変化に備える。そのために日々イメトレする。小さな積み重ねが大きな物を作る。②結果はともかく自由に生きる。人生は有限、捨てる勇気を持つ。自分ができる事・得意な事に集中する。失敗したら工夫してもう一度やり直せばいい。人生に必要なのは夢と勇気と少しの金。自信は根拠がなくていい③イノベーションを起こすには。改革は小事にあらざるも小事により発生する。常に社会変えるを事を意識する。小さな成功体験を早期に作る。 続きを読む

  • ぐっち

    示唆に富んだ名言が多かった。 以下、覚書。「生き残るものは強いものでも賢いものでもない。変化できるものだけだ」、「偶然は、準備のできていない人を助けない」、「どこかにたどり着きたいなら、今いるところに留まらないことを、決心しなければならない」 続きを読む

すべてのレビューを読む