発売日 2015年08月12日(水)

「死に方」格差社会
満足できる死を迎えるためには

著者名:富家 孝(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8491-8
サイズ:
新書/1色
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・富家 孝

富家孝(ふけたかし)
医師兼ジャーナリスト。1947年、大阪府北河内郡(現鶴見区)に生まれる。1972年東京慈恵会医科大学卒業。病院経営、日本女子体育大学助教授を経て、早稲田大学講師、青山学院大学講師歴任。専門は、医療社会学、生命科学、スポーツ医学。格闘技通としても有名。慈恵医大相撲部総監督(六段)、(財)「体協」公認スポーツドクター、新日本プロレス・コミッションドクター。
主な著書に、『医者しか知らない危険な話』(文春文庫)、『危ないお医者さん』 (SB新書) 、『病気と闘うな 医者と闘え』(光文社)など。これまで、主に医療関係の著書を60冊以上上梓してきた。
自身は心臓カテーテル療法で冠動脈のステント手術を受け、その後2012年に心臓のバイパス手術を受けている。糖尿病は、生活習慣病であるため歩くことを普段から心がけ、薬は飲まずこの病気と付き合っている。

  • 小豆姫

    今後、加速度を増して超高齢化社会、多死社会に突入する日本。病院から在宅へと医療の形も変わってゆく。様々に難問を抱えているが、70歳を過ぎたらどんな病気であろうと老化現象と諦め無駄な抵抗はせず、余生をどう過ごしたいのかを考えよう。 続きを読む

  • 三上 直樹

    元新日リングドクターの、まじめな死に関する論述。ただ、死に至るまでの問題点に気が向いていたようで、死に方そのものへの論及が足りないのが残念です。 続きを読む

  • MANGA

    またタイトルに惹かれて買いました。「死に方」だけでなく、「格差社会」という二つのキーワードでぐいぐい読者をひきつけます。おもしろかったです。私はコンビニの数が歯科医院の数より少ない話は聞いていましたが、もう逆転しているとばかり思っていました。この手の本はその人の職業からのアプローチで私から見ると、あまり「死に方」を網羅してないかな?って思っていたけど、さすがに医師兼ジャーナリストなので、突っ込み方がするどいです。まさか保険とのからみがこんなに出てくるとは思いませんでした。たいへんよかったです。 続きを読む

すべてのレビューを読む