発売日 2015年12月15日(火)

路地裏バトルプリンセス 4

著者名:空上タツタ(著者)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8602-8
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・空上タツタ

第六回GA文庫大賞《優秀賞》受賞作家。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 弱さも含めて自分をさらけ出す事の意味を掘り下げた完結編…せめてあと一冊分尺に余裕があれば完璧だったのに!

    4.0
    ヤボ夫

すべての1レビューを表示

  • ツバサ

    もうちょっと続いて欲しかったけどやることはやってくれたから満足。しかし小町がヒロインらしくないヒロインでグイグイ迫ったのは意外だったけど嬉しかった。最後の方はいちゃいちゃしちゃってさー、リア充しねぇぇぇぇぇ。 とりあえず次回作が楽しみです。 続きを読む

  • 水無月冬弥

    #ラノベ 完結 師弟対決も、師弟愛も、そして恋愛もバトルもすべてを注ぎ込んでおり、満足でお腹いっぱいとなった作品でした。4巻で完結するし、いい按配の物語じゃないかと思います。でもなにより、小町が報われてよかったです。まあ、弟子はあの調子ですしね(笑) しかし、本気になった日月は強いですなあ。無事完結したわけですけど、次は現代異能バトルを書いてもらえると嬉しいなあ   続きを読む

  • 真白優樹

    それぞれの関係性が動き出す中、師弟対決を繰り広げる最終巻。師匠の望み、それは常識外な強者故の孤独からくる望み。それを叶えるため弟子を奪われた少年は偽りの衣を再び身に纏い師匠との決戦に挑む。技が若干異能の域に突っ込んでいた気がするがそれが気にならない程に熱く、変わる関係の決着と因縁の師弟決戦という部分もちゃんとやれたので大満足である。変わる関係とかつて振り切った関係、その二つに決着をつけつつ伝説の再臨と不器用な師弟の熱い決戦が見所となっており大変に熱くなる。 総じて言えば歯応えがあってよい物語であった。 続きを読む

すべてのレビューを読む