発売日 2016年08月06日(土)

会話のしくじり
失敗から学ぶ「後悔の会話学」

著者名:梶原 しげる(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8763-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・梶原 しげる

梶原しげる(かじわら・しげる)
早稲田大学法学部卒業。文化放送に入社してアナウンサーとなり、92年からフリー。司会業を中心に活躍中。東京成徳大学客員教授(心理学修士)、日本語検定審議委員。

Twitter

  • W-G

    最近、身近なところで"ちょっとした言い方ひとつ"の問題が多発しているので読んでみた。かなり薄い内容だが、己を振り返って再確認する事が出来た。興味がある話や、思い入れの強い事に関してとなると、自分の考えを伝える事に集中してしまう事はよくある。"煮詰まる"の使い方は私も間違えていた。もっと肩の力を抜いて、人の話に耳を傾けよう。 続きを読む

  • 香菜子(かなこ・Kanako)

    会話のしくじり 失敗から学ぶ「反面教師の会話学」。梶原しげる先生の著書。会話のしくじり、失敗の経験は誰しも多かれ少なかれあると思う。私自身もおしゃべりが大好きだけれど、その場では気付かなくても後になって、余計なことを言ったかな、失礼で無礼で不躾だったかな、と失言を反省することもあります。そういう失言や暴言は雑談のときに起こりがち。失言や暴言を避ける正しい雑談術を学べる良書です。 続きを読む

  • Susumu Tokushige

    会話力・雑談力を学びたく読む。様々な会話のしくじりについて解説。目上の人に使ってはいけない言葉「~じゃないですか」「なので」「だから」「そうなんですね」「大丈夫」は、結構な頻度で使っており反省。しくじり回避七箇条として、①相手への好奇心が一番大事!②今・ここに集中!③質問から始める会話に注意!④いいところ探しを習慣に!⑤日常会話は頑張らない!⑥雑談は互いに気持ちよくなる!⑦準備をする!を挙げている。雑談本によくある話題テーマの頭文字『木戸にたてかけし衣食住』を忠実に守るより、相手のことを観ることが大切だ。 続きを読む

すべてのレビューを読む