発売日 2016年12月15日(木)

中古でも恋がしたい!8

著者名:田尾典丈(著者) ReDrop(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8983-8
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田尾典丈

イラスト・ReDrop

田尾典丈(たお・のりたけ)

神奈川県横浜市出身。
第10回(2008年)えんため 大賞小説部門優秀賞受賞作『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!』で、
ファミ通文庫( エンターブレイン)からデビュー。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 笑いと温かさ

    5.0
    謎のゲーム好き

    ネタバレになるので詳しくは書きませんが、表紙の通りの展開で最後に暖かさを感じました。途中の兄弟のやり取りには笑ってしまいましたが、最初の頃に比べるとまとまってきているように思います。ただ清一を想う関係が徐々に広がっていくのは・・・。実際に言葉に出してしまっていますしね。

  • 3.0
    Amazonの客

    今回のメインはクリスマスイベントであるが、綾女のお姉さんにエロゲがバレたり、国語教師に難癖つけられたりすることでストーリーに変化をつけている。が、それらのキャラが現実で考えるとやや常軌を逸しているのだ。綾女のお姉さんはコンビニで手違いでエロ本を手に取ったら売り物であるにも関わらず破り捨てるという・・・。そんな重度性的潔癖症にエロゲが見つかりさあ大変という展開。調べれば分かることですが、性的潔癖症はれっきとした精神障害の一種であり、それをネタにしたストーリーは正直、素直に楽しめない。セーイチがお姉さんに睨まれただけで恐怖に動けなくなるのは、単にセーイチがビビリというわけではなく、「何をしてくるか予測ができない異常者に敵意を向けられている恐怖」なわけだからビビるのも納得である。個人的な希望としては、お姉さんはあのような異常な感じにはせずに、「えっちなのはダメですっ!」みたいな軽いノリがよかった。ていうかあそこまで嫌悪しておいてセーイチの家にお泊りはいいんかい。あとは国語教師の村上がセーイチと綾女に目をつけて無理難題をふっかけてくるが、あんなものはさっさと他の大人も巻き込んで問題化してしまえば収束する。クラスメート全員が見ていたんだから綾女が暴力振るったということにはならんだろう。でもそんなにあっさり終わらせても盛り上がらないからあのような展開にしたのだろうが・・・。そしてクラスの平均点が80以上だったときに先生が「こうやって真面目に勉強させるのが狙いだったのさ。みんな頑張ったな!」って展開かと思ったが、普通に悔しそう。生徒の点数高くて悔しいとかクソ過ぎ。あと絶対に他のクラスの平均点低すぎて問題になるはず。でもなんだかんだ言いつつもここまで買って読んだからには最後まで応援しますよ。頑張れ綾女!でも一番のお気に入りは初芝だがな!

  • 正しいだけでは救われない、その一点を巡る22ページに渡るやり取りに込められた「熱量」が素晴らしい。「居場所」の無かった二人が一気に近づく展開へ

    5.0
    ヤボ夫

すべての7レビューを表示

  • まりも

    クリスマスイブな最新刊。期末テストや古都子の姉問題などなどを描いた話。うーん、予想通りといえば予想通りだし、いつも通りの安定感はあったけど、今回も二人の関係はそこまで進展していなくて残念。そろそろ変化してくれてもえぇんやけどなぁ。あと徳子、桐子の姉陣が過保護過ぎるというか、あそこまでいくとただただ邪魔というか、ストーリー進行にそこまで必要無い気もしました。特に桐子さんの方は急に過保護になってて違和感しかない。ラスボス的な存在にしたいんやろうか。多分次巻も読みます。 続きを読む

  • よっち

    アコやキョーヤとの決着もついて、まさかの両親不在で思わぬ展開に。さらには期末テストでも厳しい状況に置かれて、古都子の姉・徳子や桐子もちょっかいを出してくる第八弾。意外と家庭的な古都子との関係は外堀が着実に埋まっていってドキドキしたりもするのに、清一が頑なになり過ぎなのでは?と思わなくもなかったり(苦笑)傍から見るとリア充っぽい雰囲気も漂ってきていますが、徳子さんより桐子さんの方が今後また何かありそうですね。小さな積み重ねで少しずつ前進している感はあるものの、相変わらずもどかしい二人にはそろそろ進展を期待。 続きを読む

  • Yobata

    アコ達との決着が一応ついたものの徳子が保健教諭としてやって来て、エロゲの趣味が暴露たらまずい状況の中、その趣味がバレてしまい…。アコ達の一件が終わってひと段落でどうなるかと思ったら、次は身内問題ですか。潔癖症の徳子に過保護な桐子との一悶着。徳子の方は古都子の笑みという最大の利点があるからか、なんとなく押し気味で勝ててる気がするけど、桐子の方は過去の出来事からか過保護がたたり、まだ後を引きそうだね…。まぁまだ心配かける清一も問題あるんだろうけど、桐子の方もね。でも今回の二人きりのクリスマスイヴといい→ 続きを読む

すべてのレビューを読む