発売日 2017年01月06日(金)

SMAPはなぜ解散したのか

著者名:松谷 創一郎(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8987-6
サイズ:
新書/1色
ページ数:
196
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・松谷 創一郎

松谷 創一郎(まつたに そういちろう)
1974年生まれ、広島市出身。商業誌から社会学論文まで幅広く執筆。国内外各種企業のマーケティングリサーチも手がける。得意分野は、カルチャー全般、流行や社会現象分析、社会調査、映画やマンガ、テレビなどコンテンツビジネス業界について。現在、『先読み!夕方ニュース』(NHKラジオ第1)にレギュラー出演中。著書に『ギャルと不思議ちゃん論:女の子たちの三十年戦争』、共著に『どこか〈問題化〉される若者たち』、『文化社会学の視座:のめりこむメディア文化とそこにある日常の文化』など。社会情報学修士。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • nadaha

    騒動の時に買って長年塩漬けになっていた。割とジャニーズ問題に関して芸能メディアの内側から書いたような感じのする客観的な評論だった。特に、ジャニーズ事務所を日本に無数にある中小オーナー企業と同様のケースとして論じるあたりがなかなか面白かった。新聞社とテレビ局の関係性、共犯関係にある芸能事務所との関係性に対する忖度から積極的な報道を控えている様子や、文化面での芸能記事への関心の低さとネットでの乖離なんかも面白い視点だと思った。エモーショナルな論調に溢れるネットとの温度差もこの問題の本質だったと思う。 続きを読む

  • anken99

    一気読み。少し古い作品だが、あの日本を揺るがせた事件を懇切丁寧にひもといている。ジャニーズ事務所も、そして反乱した4人も、どちらも日本ならではの奇特な風習、義理と人情に囚われていたとする考察は興味深い。それにしても、結局干された4人を思うと、なんとも言い難い闇を感じる。 続きを読む

  • ochatomo

    SMAPは5人でいる様子が絶妙で見てなごめた 「義理と人情」が解散原因 コンテンツ産業としては人権問題と見なされかねない 韓国は放送法改正して是正へ Yahooニュース個人の記事がベース 2017刊 続きを読む

すべてのレビューを読む