発売日 2017年05月09日(火)

母への100の質問状

著者名:森谷 雄(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9025-4
サイズ:
四六/1色
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森谷 雄

森谷 雄(もりや・たけし)
1966年、愛知県生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。フジテレビにて大多亮氏に師事し、数多くの連続ドラマをプロデュース。その後、ドラマ・映画の企画・制作を手がける株式会社アットムービーを設立。代表作に連続ドラマ「天体観測」「33分探偵」「イタズラなKiss~Love in TOKYO」(フジテレビ)、「ザ・クイズショウ」(日本テレビ)、「深夜食堂」「コドモ警察」「女くどき飯」(毎日放送)、「みんな!エスパーだよ!」(テレビ東京)、「限界集落株式会社」(NHK)、映画『シムソンズ』『Little DJ ~小さな恋の物語』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『しあわせのパン』など多数。2014年、映画『サムライフ』で映画監督デビュー。著書に『シムソンズ』(ポプラ社)、『自分プロデュース』(ランダムハウス講談社)がある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ”渡る世間は鬼ばかりではない”

    5.0
    Amazon カスタマー

    久々に、感動させられました!某大学の映画学科卒業間近に学費が払えなく、期限も過ぎてしまい退学確定寸前のはずが…救世主が現れるとは…なんか、映画を見てる様でした。学生課のKさんが”度重なる母親のお願い”に心打たれ学費の便宜を図ってくれて卒業出来たことは、何とも感動させられました。なんて人情味のある方なのだKさんは”あっぱれ”を贈りたいです。今のこの世知辛い鬼ばかりの厳しい世の中で、お母さんはきっとその時に”美しく輝く希望の光”を見たと思います。嬉しかったでしょうね。映画学科を卒業して無ければ、息子さんの森谷さんは映画の世界にはいなかったかもしれないのですから…この出会いが、人生での一番大切な1枚目の希望の扉が開けた瞬間ではないでしょうか。そして、母の応援のもと念願の映画のお仕事を、血と汗と波乱万丈の中で、掴んだ事は素晴らしい事です。この学費の事実を知った森谷さんの心境を察すると涙が滲んできます。様々な母と仕事と生活での壮絶な出来事もあったようですが、100の質問の中で私は特に、このKさんの事が印象に強く残ってしまいました。この本を出版出来たことは、お母さんはもちろんKさんも喜んでいると思います。これからも、映画プロデューサーとして良いお仕事を期待しています❗️

  • 5.0
    yakoikamins

    私はこの本に出て来る、弟さんを知っているので、より親近感を持って読みました。お母さまが、何も取り繕うことなく、率直に話されていて、この親子関係がすばらしいです。このご家族の、お互いを思う気持ちが胸にせまります。

  • 心に残る1冊

    4.0

    一体どんな内容なんだろう、と思い購入した本。個人的な往復書簡だと思ったら、違った。母と息子、家族を超えた人間ドラマが書かれていた。壮絶な経験の数々で、終始、鈍い痛みをかんじながら読んでいたけど、確固たる家族の絆に震えるほどの勇気をもらった。母のこれまでを書き連ねたラスト5ページに、涙が止まらなかった。

すべての10レビューを表示

  • 涼子

    ある家族の歴史としてしか読めなかった。それはたぶん、自分の母の方が辛い人生を歩んできたと思うからだろう。今母に幸せかと尋ねたらきっと幸せだと言うだろうな、そして私が訊かれたらやっぱり幸せだと答えるだろうな、と考えるきっかけにはなった。 続きを読む

  • そふと

    感動した。私も2ヶ月前に母親を亡くして「家族とは何か」を考えてたから、読んでいて感情移入してしまって泣きそうでした。 続きを読む

  • 親子といえど、話さなきゃ分からないし聞かなきゃわからない。 自分の親とかに聞いてみるとどんなことが出てくるのかなぁ… 続きを読む

すべてのレビューを読む