発売日 2017年09月06日(水)

人生100年時代のお金の不安がなくなる話

著者名:竹中 平蔵 出口 治明(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9059-9
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・竹中 平蔵 出口 治明

Twitter

Unable to load Tweets

  • これからの人生設計に役立てます。

    4.0
    Amazon カスタマー

    自分は、現在59歳になります。この本を読んでこれからの人生設計に役立てたいと思います。

  • 2.0
    sasabon

    竹中さんも出口さんも、とても頭がきれて、とても有能な方なのに、全然偉そうではなく、語り口は柔らかく、多くの方が理解できる言葉で話されている。これからの日本を語るには、日本の現状だけに視点を当てるのではダメで、歴史、海外から学ぶ姿勢が欠かせない。本書にもかかれているとおり、日本ではまだ以前の経済成長が忘れられない。みんながどうしてかつての経済成長があったのかを知ることがもっと大切だと思った。社会構造が変わっているのに、どこかまた戻れないかなと期待しているのはおかしい。今の制度、政策、常識、これを前提として社会の在り方を考えるのではなく、どうあるべきかを議論して、前提から疑って議論する姿勢が必要。特に若い世代の方に是非読んでもらいたい。やり方次第でまだまだいける!日本に希望が持てる1冊です。

  • レビュー対象商品: 人生100年時代のお金の不安がなくなる話 (SB新書) (新書)

    たまちゃん

すべての11レビューを表示

  • 混沌

    1分かからない。まえがきのうち、1ページと2行だけでも読んでみてほしい。幅広く、若者に聞いてもらいたい話だ。秀逸なタイトル・作りだと思う。思わず手に取り、即購入が決定した。ところが、すごく卑近なミクロな話を期待して手に取ったのに、政策などのずっとマクロな話だった。そして、そこがいい。幅広く、若者に聞いてもらいたい話だ。次の選挙は投票に行きたくなるだろう。それにしても出口会長のぶっ飛んだ話は、あと30~50年くらいしてから、この人、進んでたよねってことになるんじ 続きを読む

  • bonbon99

    若い人に読んでもらいたい勇気の出る本でした。経済学者と経営者の2人の対談形式でしたが、とてもわかりやすくて、アイデアの宝庫といった感じでした。 続きを読む

  • Mark X Japan

    お金の不安は、第4次産業革命・年金・医療制度を正しく理解することでしょう。そのバックボーンになるのが、「川を上れ、海を渡れ」・「タテ・ヨコ思考」です。それ以前の心構えは「謙抑」です。どんな時代も、肝心なところは同じであることが強く印象に残りました。☆:4.5 続きを読む

すべてのレビューを読む