発売日 2017年06月06日(火)

物流大激突
アマゾンに挑む宅配ネット通販

著者名:角井 亮一(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9087-2
サイズ:
新書/1色
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・角井 亮一

角井亮一(かくい りょういち)
1968年大阪生まれ、奈良育ち。株式会社イー・ロジット代表取締役兼チーフコンサルタント。上智大学経済学部を3年で単位修了。米ゴールデンゲート大学でMBA取得。船井総合研究所、不動産会社を経て、家業の物流会社、光輝物流に入社。日本初のゲインシェアリング(東証一部企業の物流センターをまるごとBPOで受託)を達成。2000年、株式会社イー・ロジットを設立し、現職。現在、同社は230社以上から通販物流を受託する国内ナンバーワンの通販専門物流代行会社であり、200社の会員企業を中心とした物流人材教育研修や物流コンサルティングを行っている。2015年、宅配荷物の追跡や再配達を依頼できるアプリ「ウケトル」を提供する株式会社ウケトルを共同設立。著書に『物流がわかる』『オムニチャネル戦略』(ともに日経文庫)、『アマゾンと物流大戦争』 (NHK出版新書)などがあり、多くのテレビ・ラジオ番組でコメンテーターを努め、経済誌などでの執筆も多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • アマゾンを切り口にECビジネスの先進的動向がわかる

    4.0
    螺旋巻鳥

    アマゾンをベースに、楽天、ヤフー、ユニクロといった先進プレイヤーの動向を解説しており、各社のビジネスモデルやサービスの特徴を理解することができます。アマゾンを中心としつつも、ECビジネスの先進的事例を学びたい、と思っている人には最適な内容だと思います。但し、事例の多くは日本国内における日系企業の取り組みであり、必ずしもグローバルの視点から学べる内容ではありません。また、AWSを始めとする「非EC事業」に関しての記述はごくわずかです。アマゾンのビジネスモデルの全体像を学びたい人であれば、所謂「アマゾンの解説本」を読んだ方がよいと思います。なお、本書の著者が2016年に出版した「アマゾンと物流大戦争」に内容が一部重複しているようです。同書を持っている人であれば、「どこかで読んだことのあるような内容だな」と思うような部分が少なからずあること、認識の上、購入の可否を判断した方がよいと思います。本書の目次構成は以下の通りです。序章 宅配危機がやってきた第1章 日本未上陸のアマゾンサービス ― シアトルの現地視察レポート第2章 アマゾンのスピード配達第3章 アマゾンVS楽天 ― 得意な商品カテゴリーで攻める第4章 アマゾンVSヤフー ― コストゼロで攻める第5章 アマゾンVSユニクロ ― ロジスティクス企業への転身で攻める第6章 アマゾンVSセブン&アイ ― オムニチャネル戦略の立て直し第7章 アマゾンVSヨドバシカメラ ― 「ラストワンマイル」を重視する第8章 アマゾンVSアスクル ― 物流を武器に事業を展開する第9章 アマゾンVSウォルマート ― 小売業世界最大手の焦り終章 アマゾンとの敵対から共存・住み分けへ

  • 5.0
    うし

    これから日本の通販及び小売業にアマゾンが与える影響について、宅配業者の裏側事情や一歩先を行くアメリカの事例も記載し、具体的に分かり易く書いてある本。

  • いつもの

    2.0
    まめ

    角井本。ところどころに自分の自慢を混ぜてくるが、正直物流業界の表面だけを撫でている感は否めない。というか、現実を知らない。まぁコンサルなので結果に対してしか言えない感が満載。そして物流が危機のこの時期に金太郎飴のように同じような薄い内容で新刊出して荒稼ぎ。ある意味、一人勝ちだが、少しは自分の宣伝以外にも注力して欲しい。

すべての6レビューを表示

  • さきん

    ヤマト運輸の労働崩壊を受けて、最近どれだけ流通量が増えているのか、5年前に同じ経験をしているアメリカがラスト1マイルをどういうふうに対応しているのかを紹介している。ある程度大きい、ヨドバシカメラなどが自社製品を宅配する。コンビニに取りに行く、一般人がアルバイトで運ぶ、家の前に大きなボックスを設置して、再配達を防ぐなどすぐに実現できそうな試みが列挙されている。 続きを読む

  • avalanche

    再配達問題、アマゾンの新サービス、アマゾンと比較した大手各社の物流事情など、アマゾンを通して様々な出来事がわかる一冊。 続きを読む

  • ナツ

    只々アマゾンの凄さが伝わった。実際自分も何故かヤフーや楽天よりアマゾンで買い物してしまう。地方在住なので、売ってない本も多く書籍を買うには送料無料で非常に便利。ヨドバシカメラはちょっと利用してみたくなった。 続きを読む

すべてのレビューを読む