発売日 2017年09月15日(金)

29とJK3 ~社畜のいやしはJK~

著者名:裕時悠示(著者) Yan-Yam(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9151-0
サイズ:
文庫
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。 シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。 2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。 「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。

イラスト・Yan-Yam

Twitter

Unable to load Tweets

  • 大きくドラマが動き出す

    5.0
    acceleration

    前半は社内野球大会。単に部署対抗で野球しましただけではなく、ちゃんとドラマが仕組まれていた事に脱帽❗️そして後半、沙樹と鋭二との間のもう一人の幼なじみの登場で4巻への布石。ますます目が離せない😂

  • 3.0
    本好き

    1巻目が一番面白く、以下、2,3とだんだん降下中。4巻以降への布石があった3巻は、全巻インターミッション、後半からお話再開、な感じ。タイトルの「29とJK」というコンセプトが、どんどんずれていく感じがして、最初の頃のインパクトがなくなりつつあるのではないかと思う。社畜物語なら、それらしく、歳の差ラブコメなら、やはりそれらしく描いてほしい。どっちつかずで、脇の幼馴染やら、後輩社員やら妹やらもあまり活躍しないし。4巻目に期待。その結果次第で、もう読まなくてもいいかな、になるかもしれない。

  • う~ん・・・

    2.0
    White Unicorn

    ひとことで言えば半沢直樹+年の差恋愛って感じのシリーズです。2で終わりかと思ってたら続刊でした。長期シリーズにするのを見込んでいるならたまにこんなグダグダな巻があっても仕方ないかな。元カノ程度の分際で縁もゆかりもない会社の接待野球に無断乱入し主人公の立場を危うくした女が、淫行ヒロインにお前が主人公の社内的立場を危うくしていると詰め寄るのもねぇ・・・どの口が言うのかと。

すべての16レビューを表示

  • よっち

    後輩の渡良瀬に交際中のJK・花恋と一緒にいるところを目撃された鋭二。妹とごまかしたことで始まる波乱の社内野球大会と、元カノで幼馴染の沙樹と昔の親友を巡るほろ苦い過去も明らかになってゆく第三弾。渡良瀬に妹を装う花恋、実妹に幼馴染まで大集合で、そのやり取りが気になって仕方ない社内野球大会での真剣勝負。そして沙樹と出席した同窓会で再び動き出す昔の親友との因縁。いろいろ交錯する展開でヒロインたちの心情も気になるところですが、過去に現在に会社の命運まで絡んできて真っ向勝負待ったなしですね。これは次巻が楽しみですよ。 続きを読む

  • かんけー

    冒頭部、社内対向草野球大会のイベントで試合とは直接関係無い女性陣に依る鋭二争奪戦が勃発?(^_^;)成り行きで花恋を妹に設定し?その場しのぎを画策するが。今巻は1、2巻以上にストーリーの内容が濃く鋭二の置かれた状況の変化と同僚、上司との関わりを徹底して描写している(^.^)後輩社員の渡良瀬さんや、幼馴染みの沙樹嬢との会話のやり取りにニコニコ♪花恋は花恋で渡良瀬さんと沙樹嬢に恋のライバルと直感して?鋭二に必用以上にベタベタ(笑)人事部の湯上谷次長とのマジ対決は前半の山場として面白かった♪ハム太郎課長wは→ 続きを読む

  • AKF-ZERO

    箸休め回的ではありますが面白かったです。社内接待野球大会やら修羅場やらで気の休まる暇もない社畜槍チン。元カノvs今カノはハラハラドキドキしつつも、ちょっぴりもっとやれとも思ったりw しかしその裏で忍び寄る過去の不穏な足音。次は紗樹がキーキャラとなりそうです。次巻も積んでるので間を開けず早速読もう。 続きを読む

すべてのレビューを読む