発売日 2018年09月15日(土)

29とJK5 ~消えない模様~

著者名:裕時悠示(著者) Yan-Yam(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-9195-4
サイズ:
文庫
ページ数:
360
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。 シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。 2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。 「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。最新刊5巻9月発売。

イラスト・Yan-Yam

Twitter

Unable to load Tweets

  • 面白かった

    4.0
    Kindleのお客様

    みんないっしょうけんめいたたかっている。って感じで今まで登場した主要キャラクターみんなが大いに悩み苦しみ過去と現在に向かい合い踏み出していく気持ちのいい話でした。いつか剣野くんが父親として幸せな家庭を持つような未来がくるといいなあ。

  • 3.0
    廣瀬一郎

    アルカディア社がインシュランス部門のリストラを行うのは良いでしょう。ですがそこに花菱中央銀行主導はありえません。外資系損保のソルベンシーマージン比率は1000%を超えていて、銀行から融資を受ける状況にはないのです。銀行はあくまで「親密行」としての存在です。融資はアルカディア・ジャパンの負債となるので、ソルベンシーマージンを低下させます。ファイナンスに踏み込んで書いてほしかったです。

  • 物語としては満点。一方で物足りない部分も

    5.0
    Kindleユーザー

    今回はずっと続きが気になる程で、とてもおもしろい内容でした一方でギャグや日常的な部分は控えめ。終始シリアス路線この部分をどう思うかで評価が変わるかもしれない

すべての16レビューを表示

  • むっきゅー

    痛快無比なラスト!スカッとした。前巻ラストでCEOからクビを宣告された槍チン。労働法規もあり解雇には手続きがあるから、少し時間の猶予があるので、僅かな可能性にかけ反撃を開始する第5巻。剣野の父親の事件の秘密も鍵となる展開が面白い。銀行からの出向組がクソすぎて、ラストの大逆転が一層震えたぜ。ラブコメ的には、両社長が自分の娘(JK)と結婚させようとする三角関係が斬新。そして、どのヒロインも、槍チンを問い詰める雰囲気が怖い。すぐにでも修羅場が発生しそうな緊張感が本作の魅力ですね。【サイン本】 続きを読む

  • よっち

    隠し撮りされたJK・真織との“淫行写真"で窮地に陥る槍羽に、突如姿を現したCEOアルカンフェルによるクビの宣告。そんな逆境に真織と花恋が抱える苦悩も絡めながら、親友・剣野との最終決戦に臨む第五弾。クビを宣告されて会社に居座り続けても大丈夫なの?とは思いましたが、八王子の人事権も奪われ為す術もなく何人も辞めてゆく絶望的状況から、それでも最後まで諦めずに縁を辿って様々な人々にアプローチした真摯な想いが起死回生の逆転劇に、そして仲違いした友人と再び向き合うことにも繋がってゆく展開にはぐっと来るものがありました。 続きを読む

  • かんけー

    面白かったです!槍羽が渋くカッコいい♪「社畜にプライドはなくても、魂は在るんだ!」と言うセリフにニンマリ。前巻のリストラ宣言の引きが?どうするどうなるの...と気になってたので。鋭二の親友剣野慎一、昨日の友は今日の敵的な存在感とw流れの中で、物語の引き立て役のネズミさんとカマキリさんwwを徹底的に悪印象に描写し、以前なら小うるさい上司だったハム太郎が見せた「父親」の背中♪鋭二の誠意は頑なだった夏川母娘の牙城をも氷解してみせた!そもそもバックボーンの筈のメガバンクの裏の真相と深層にも驚かされたが、一番→ 続きを読む

すべてのレビューを読む